『どもる子どもとの対話』出版のお知らせ 

 私たちの仲間と臨床心理の専門家がタッグを組んで編集した、吃音問題の新しい書籍が出版されました。成人のどもる方はもちろん、「対話」や「ナラティヴ・アプローチ」に関心のある方にぜひ手に取って頂きたい本です。

 「吃音に対する否定的な物語」を書き換えることが大切だとする、ナラティヴ・アプローチ。
 そのために、子どもと親、子どもとことばの教室の担当者や言語聴覚士に、どのような対話が必要か、ニュージーランドの大学院でナラティヴ・アプローチを学んだ臨床心理士の国重浩一さんと、吃音を生きる子どもに同行する教師・言語聴覚士の会の仲間たちがディスカッションして作り上げた本。どもる大人のナラティヴが変わった体験も紹介。
 どもる大人にとっても、より豊かに生きるためのヒントが満載です。

c0191808_23505211.jpg
『どもる子どもとの対話 ―ナラティヴ・アプローチがひきだす物語る力―』
・編著:伊藤 伸二&国重 浩一
・出版元:金子書房
・定価:2,376円(税込み

※ご希望の方は、郵便振替で 2,376円をご送金下さい。送料当方負担でお送りします。
   郵便振替口座:00970-1-314142
   加入者名:日本吃音臨床研究会


内容について、詳しくは下記ページをご覧ください。
・OSP大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)公式サイト「出版物紹介」ページ
・同サイト『どもる子どもとの対話』詳細ページ

・金子書房公式サイト『どもる子どもとの対話』書籍案内ページ

・伊藤伸二ブログ『ナラティヴ・アプローチと吃音の、新しい本』記事
※編著者の一人、伊藤さんが、目次ごとの詳しい内容を紹介しています。


# by osp_blog | 2018-12-24 21:26 | others

2019年1月14日「東京ワークショップ」のお知らせ 

第7回 吃音と向き合い、語り合う
  伊藤伸二・吃音ワークショップ

 「吃音を治すことにこだわらず、どもりながらどう生きていくかを目指そう」と、大阪を基盤に活動している日本吃音臨床研究会の伊藤伸二と一緒に、どもる問題について考えたり話し合ったりする関東地方でのワークショップです。参加者ひとりひとりの吃音の悩み、知りたいこと、体験したいこと、学びたいことに関わり、それを皆で共有するスタイルで進めていきます。
 吃音について深く考えたい方、どもりながら生きていく上でいろんな思いを抱えている方、どもる仲間とじっくり話したい方、伊藤や日本吃音臨床研究会の活動に関心があっても大阪まではなかなか行けない方、この機会にぜひご参加下さい。

 内容は参加者の要望によって組み立てますが、次のようなことが考えられます。
◇吃音を生きる、論理療法、交流分析、認知行動療法、アサーティヴ・トレーニング、ナラティヴ・アプローチ、当事者研究、ポジティブ心理学などについて
◇吃音で苦戦している問題についての具体的対処
◇どもって声が出ないときの対処・サバイバル
◇吃音を治す言語訓練に代わる、日本語の発音・発声のレッスン
◇今、困っていること、悩んでいることの課題を明らかにし、展望を探る、公開面接<対話>
◇当事者研究の手法を用い、やりとりをしながら、今後の対処を明らかにする


日時:2019年1月14日(日) 10:00~17:00
会場:北とぴあ 601会議室
   〒114-8503 東京都北区王子1-11-1
   JR京浜東北線「王子」駅北口徒歩2分
   東京メトロ南北線「王子」駅5番出口直結

定員:18名
参加費:5,000円……当日、受付でお支払い下さい。
申し込み締め切り:2019年1月10日(木)
お申し込み:(1)名前 (2)年齢 (3)住所 (4)電話番号 (5)職業
      (6)話し合ってみたいことや聞きたいこと
      (7)吃音ワークショップを知ったきっかけ
      を書いて、郵送かFAXでお申し込み下さい。
問い合わせ・申し込み先:日本吃音臨床研究会
      〒572-0850 寝屋川市打上高塚町1-2-1526
      TEL/FAX:072-820-8244


・詳しくは、2019年1月14日「伊藤伸二・吃音ワークショップ」PDF(0.1MB)をご覧ください。





# by osp_blog | 2018-11-14 21:22 | その他イベント

2018年12月22日「親子吃音相談会 in 高知」のお知らせ 

親子吃音相談会 in 高知
☆同じ立場の保護者と話すことや誰かとつながることで、少し楽になるかもしれません。
☆小学校2年生の秋から吃音に強い劣等感をもち、1965年にどもる人のセルフヘルプグループを設立されるまで吃音に深く悩んできた伊藤さんとの交流から「吃音との上手な付き合い方」についてのヒントを得られるかもしれません。
 お気軽にご参加下さい!

日時:2018年12月22日(土) 13:30~16:30
会場:はりまや橋小学校体育館・新堀コミュニティホール
〒780-0822 高知県高知市はりまや町2-14-8
参加費:¥1,000(テキスト代含む、親子で¥1,000)
    ※当日、参加費と体育館履き(室内履き)をご持参下さい。
参加者:お子様と保護者同伴でのご参加をお願いします。
    ※保護者の代わりになる方の同伴でも結構です。
    ※吃音でないご兄弟姉妹も一緒に参加可能です。
定員:50名(先着順)
申し込み締め切り:2018年12月10日(月)
問い合わせ:TEL 088-882-0273(担当 西本)
お申し込み:(1)住所 (2)参加される親の氏名 (3)電話番号
      (4)子どもの氏名と年齢(学年)
      (5)相談会で聞きたいこと、知りたいこと
      を明記の上、FAX送信してください。
      FAX 088-882-0169


[2019.01.14、01.21 追記]
・この相談会と、翌日おこなわれた研修会の報告が、伊藤伸二ブログに掲載されています。ぜひ、ご覧ください。
2019年1月7日「実現した、高知での吃音相談会」記事
2019年1月17日「高知県言語聴覚士会の吃音研修」記事




More

# by osp_blog | 2018-11-14 20:39 | その他イベント

2018年12月1日「千葉吃音研修会・相談会」のお知らせ 

千葉吃音研修会・相談会
日時:2018年12月1日(土)
会場:千葉市民会館 第3会議室
〒260-0017 千葉市中央区要町1-1
   TEL:043-224-2431
   JR千葉駅東口から徒歩7分
   JR東千葉駅南口から徒歩4分

主催:スタタリング・ナウちば

《吃音研修会》
 2017年より「スタタリング・ナウちば」主催で、吃音に関する相談会を千葉で行うことになりました。
 第二回の2018年は、午前中にことばの教室の担当者、言語聴覚士の方を対象に研修会を開催します。是非、ご参加ください。また、どもる子どもの通常の学級担任の先生方の参加も歓迎します。

時間:9:30~12:00(受付9:00)
講師:伊藤伸二(日本吃音臨床研究会会長)
演題:どもる子どもが吃音に負けず、幸せに生きるために
~ナラティヴ・アプローチ、レジリエンス、ポジティブ心理学の理論と技法を、吃音指導に生かす~
参加費:1500円
スタッフ:渡邉美穂(スタタリング・ナウちば事務局 ことばの教室担当)
溝口稚佳子(日本吃音臨床研究会事務局 元小学校教師・支援学級担任)
申し込み:(1)所属 (2)参加者氏名 (3)電話番号
     (4)講演でききたいこと
     を明記の上、郵送で申し込みください。

《千葉吃音相談会》
 2017年より日本吃音臨床研究会会長の伊藤伸二さんをお迎えし、千葉で吃音相談会を行うことになりました。どもる子どもの保護者、ことばの教室の担当者、言語聴覚士、通常学級担任の皆様の参加をお待ちしています。どもる子どもが幸せに生きるための子育て、教育について考えます。
時間:13:30~16:30(受付13:00)
講師:伊藤伸二(日本吃音臨床研究会会長)
内容:どもる子どもとどうかかわるか、参加者からの相談や質問を中心に語り合う。また、自身の体験や最新の研究・情報をもとに、子育てについて提案する。
参加費:1500円
スタッフ:渡邉美穂(スタタリング・ナウちば事務局 ことばの教室担当)
溝口稚佳子(日本吃音臨床研究会事務局 元小学校教師・支援学級担任)
申し込み:(1)住所 (2)参加される親の氏名 (3)電話番号
     (4)子どもの氏名と年齢(学年)
     (5)相談したいこと、知りたいこと、今困っていること
     を明記の上、郵送で申し込みください。

申し込み先:
〒260-0007 千葉市中央区祐光1-25-3
千葉市立院内小学校 ことばの教室 渡邉美穂宛
FAX 043-222-0196
電話  043-227-5576
*不明な点は、電話でお問合せください。

・詳しくは、下記PDFを参照して下さい。
平成30年度 吃音研修会
平成30年度 千葉吃音相談会




# by osp_blog | 2018-11-14 08:28 | その他イベント

東大先端科学技術研でのトークイベントのお知らせ 

(伊藤伸二)
 東大スタタリングというグループを運営している山田舜也さんと、最近、いろいろなところでご一緒することが増えました。東京ワークショップ、関西での新・吃音ショートコース、終わったばかりの第29回吃音親子サマーキャンプにも参加されました。
 山田さんが、私を講師に、講演の企画を立ててくれました。
 1965年にどもる人のセルフヘルプグループを創立して、53年の活動を振り返り、吃音の今後の展望を、東大先端科学技術研究センターのみなさんと話し合ういい機会にしたいと思います。
 平日の午後の開催というイベントですが、ご都合が合いましたら、ぜひ、ご参加下さい。

東大先端科学技術研究センター主催トークイベント
「どもる人たちの当事者運動を振り返る 伊藤伸二さんを囲んで」
日時:2018年9月7日(金) 13:30~17:00
会場:東京大学先端科学技術センター

〒153-8904 東京都目黒区駒場4丁目6番1号
   TEL:03-5452-5462

   3号館南棟1階 ENEOSホール

登壇者(敬称略、五十音順):
 伊藤 伸二(日本吃音臨床研究会会長)
 熊谷 晋一郎(東京大学先端科学技術研究センター准教授/小児科医)
 福島 智(東京大学先端科学技術研究センター教授)
 山田 舜也(東京大学大学院博士課程/東大スタタリング主宰)


主催:東京大学先端科学技術研究センター 福島研究室・熊谷研究室


申し込み方法:(1)氏名 (2)連絡先 (3)所属 を記入し、メールにてお申し込み下さい。
     メールアドレス info@bfr.jp


・より詳しくは、東大先端科学技術研の「9月7日」イベントページをご覧ください。

伊藤伸二さんのブログに記録が掲載されていますので、ぜひご覧ください。
☆同ブログ「東京大学先端科学技術研究センターでのイベント、終わりました」記事



# by osp_blog | 2018-08-28 08:37 | その他イベント