人気ブログランキング |

公式ツイッター、はじめました 

この度、大阪吃音教室の公式ツイッターを始めました。

大阪吃音教室の例会案内、参加者の感想などを中心に、大阪吃音教室(大阪スタタリングプロジェクト)の活動情報を掲載していきます。
大阪吃音教室の公式ホームページ、公式ブログ(読んで頂いているこのブログ)よりも、頻繁に更新していきます。

※ツイッターのアカウントを持っている方は、フォローして頂ければ幸いです。


# by osp_blog | 2019-03-09 23:35 | OSP紹介

2019年度年間スケジュールが決まりました 

大阪吃音教室の2019年度年間スケジュールが決まりました。
下記リンク先でご覧いただけます。

☆大阪吃音教室「年間スケジュール」ページURL
http://osaka-kitsuon.com/ospschedule/ospschedule.html



More

# by osp_blog | 2019-03-09 01:25 | OSP紹介

2019年度「ことば文学賞」の作品を募集します 

2019年度・第22回「ことば文学賞」応募作品募集

 大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)では、毎年、ことばや吃音についての文学作品を、「ことば文学賞」と銘打って懸賞募集して来ました。応募作品は、体験記、エッセイ、吃音論、詩など、広いジャンルの文章を対象としています。
 あなたの吃音への思いを、ことばに表現して下さい。

 「ことば文学賞」の応募資格は、「大阪スタタリングプロジェクト」会員、「日本吃音臨床研究会」会員です。応募者が、どもる人であるかどうかは問いません。
 「ことば文学賞」の審査は厳正です。応募された全作品の、執筆者名を伏せた原稿を、統一したフォーマットで印刷。審査員はその作品集を読んで審査します。受賞3作品の執筆者には、最高3万円の図書カードと副賞が贈呈されます。
 「ことば文学賞」受賞作品の発表は、例年「新・吃音ショートコース」の会場で行なって来ました。2019年度は「新・吃音ショートコース」を6月15日(土)、16日(日)に開催します。作品募集期間は、5月下旬までです。
 また、受賞作品を、OSP機関紙『新生』紙上とOSP公式ホームページで公開します。入賞を逃した応募作品も、一部は『新生』紙上で紹介します。

 下記の募集要項にしたがって、ぜひ、あなたの作品をお寄せ下さい。

 なお、“吃音川柳・吃音短歌”も同時募集します。こちらも、「新・吃音ショートコース」会場で受賞発表します。

「ことば文学賞」応募原稿・募集要項
◇作品内容:「ことば」「吃音」をテーマにした、体験記、エッセイ、詩などの文章。
◇作品規定:応募は1人1点。本文を400字詰め原稿用紙、10枚以内に書いて下さい。
ワープロ原稿なら、1ページ40字×40行で、本文2ページ半以内です。
作品には、タイトル、氏名(ふりがな)、年令、職業 を明記して下さい。
未発表のオリジナル作品に限ります。応募原稿は返却しません。

◇賞  品:最優秀賞1作品に図書券3万円。優秀賞2作品に図書券1万円。
ともに、副賞として特製記念盾がつきます。
◇応募資格:大阪スタタリングプロジェクト会員、日本吃音臨床研究会会員。
◇応募締切:2019年05月24日(金) 当日消印有効。(メールは当日発信有効。)
◇受賞発表:2019年06月15日(土)、16日(日)「新・吃音ショートコース」会場
◇主  催:大阪スタタリングプロジェクト ◇協 賛:日本吃音臨床研究会
(応募作品の著作権は、主催者に帰属します。)
◇応 募 先:(郵送先) 〒583-0012 藤井寺市道明寺5-2-5 東野晃之
(メール) file@osaka-kitsuon.com (大阪吃音教室)

「吃音川柳」「吃音短歌」応募原稿・募集要項
◇作品内容:「ことば」「吃音」をテーマにした川柳、短歌。
◇作品規定:応募は1人5編まで。氏名(ニックネーム併記可)、年令、職業 を明記。
未発表のオリジナル作品に限定。著作権は主催者に帰属。
◇応募資格、主催、協賛、応募締切、受賞発表、応募先:「ことば文学賞」と共通


※これまでの「ことば文学賞」受賞作品を、下記ページで公開しています。
・大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)公式サイト「ことば文学賞」受賞作品ページ
http://www.osaka-kitsuon.com/ospsinsei/sakuhin.html





# by osp_blog | 2019-02-22 23:11 | OSP紹介

2019.02.24「吃音を考える会」開催のお知らせ 

2018年度第3回「吃音を考える会」
・2019年2月24日() 13:00~17:00
應典院(おうてんいん)B研修室
・参加費:会員 300円、未会員 500円
※大阪吃音教室について詳しくは、「大阪吃音教室 案内」をご覧ください。
※大阪吃音教室に初参加の方は、資料代1,700円を別途いただきます。

・テーマ:論理療法実践編
・担 当:東野 晃之

「吃音を考える会」は、毎年3回、日曜日(または土曜日)の午後、いつもの金曜例会より長く時間を取り、吃音について話し合う機会として運営してきました。
次回の「吃音を考える会」は、大阪吃音教室で長年取り組まれてきた「論理療法」をテーマとします。
これまでに行なわれて来た多くのどもる人の実践を紹介し、実習や話し合いをしながら吃音による予期不安や落ち込み、怒りなどの不適切な感情の対処法として「論理療法」の活用術を考えます。
吃音と「論理療法」は相性が良い。
たっぷりの時間枠でじっくり論理療法を学びたい方、自分の課題を考えたい方など、ぜひご参加ください。




# by osp_blog | 2019-01-20 12:28

2018年度「吃音Q&A」の例会動画をご覧ください 

2018年度の大阪吃音教室例会のうち、会員の藤岡千恵さんの質問に伊藤伸二さんが回答した「吃音Q&A」例会の動画を、OSP大阪スタタリングプロジェクト公式ホームページに掲載しています。
質問のタイトルは「魅力的などもり」「対人関係と吃音」「どもる人の武器」「難行から易行」「どもる覚悟」「笑いとユーモア」「治らないことの意味」です。
どうぞご覧ください。

2018.04.13(金) 「吃音Q&A ~吃音基礎知識を整理する」例会
c0191808_18063851.jpg

OSP公式ホームページの動画ページには、普段の例会の様子も収録されています。
「吃音キャラクター」
2018.06.08(金) 「吃音キャラクターを作ろう」例会動画
c0191808_18063795.png

「言語関係図」
2018.04.27(金) 「自分のどもりの課題を知る」例会動画
c0191808_08065344.png

「吃音チェックリスト」
2018.04.20(金) 「自分のどもりの課題を分析する」例会動画
c0191808_18070778.png

年3回、日曜に開かれる「吃音を考える会」の記録も、一部ご覧いただけます。
「竹内敏晴さんから学んだ、からだとことばのレッスン」
2016.10.02(日) 「吃音を考える会」例会動画

OSP会員が吃音体験をつづった「ことば文学賞」応募作品の朗読も、一部ご覧いただけます。
「ことば文学賞」作品動画
c0191808_18275974.png




# by osp_blog | 2018-12-29 14:31 | others