人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

吃音(どもり)についての動画、チャンネル登録のお願い 

大阪吃音教室の動画ページを、ご覧になりましたか?
大阪吃音教室のでは、吃音(どもり)について伊藤伸二さんが熱く語っているインタビューを、下記のページで次々と公開しています。

大阪吃音教室 公式ホームページ
同上「動画記録」ページ

例えば、次のようなテーマで、伊藤伸二さんが語っています。ご自身やご家族が吃音で悩んでいる方はもちろん、言語聴覚士や「ことばの教室」の先生たち、吃音(どもり)について関心を寄せている方たちにも、参考にして頂きたい内容です。
[2019.04.12(金)収録]
同上「吃音Q&A4」ページ
「人前で話す前の心構え」「どもりは面接に不利?」「100万人が悩んでいる?」「どもる人の甘えとは」「子どもがどもっている時」「どもる自分を好きになる」「どもれる体になるとは?」「どもりのアイデンティティ」

[2018.04.13(金)収録]
同上「吃音Q&A3」ページ
「魅力的などもり」「対人関係と吃音」「どもる人の武器」「難行から易行」「どもる覚悟」「笑いとユーモア」「治らないことの意味」

[2017.11.10(金)収録]
同上「吃音Q&A2」ページ
「どもりと不安」「不安への対処」「緊張とのつき合い方」「事前練習の効果」「喋りやすくする工夫」「自己紹介の工夫」「第一声が出ない」「どもりは差別用語?」

[2017.04.14(金)収録]
同上「吃音Q&A1」ページ
「人前で話す前の心構え」「どもる原因」「どもりは治る?」「どもりの波」「どもりと障害」「吃音と発達障害」「どもる人の人口」「どもる人の仕事」「世界の吃音」「どもりの説明の仕方」


これらの動画は、YouTube(ユーチューブ)の「NPO法人 大阪スタタリングプロジェクト」チャンネルのページでも、まとめて見ることができます。
YouTube「NPO法人 大阪スタタリングプロジェクト」チャンネル
赤く四角い「チャンネル登録」ボタンクリックして登録すれば、今後動画が追加される度にスマホやパソコンに通知が届くので、新しい動画を見逃さずに視聴できます。
※2019年5月30日現在の登録者数は211人。最近、登録者数が増えていますが、より広く知られて欲しいページです。
この機会に「チャンネル登録」してくださるよう、よろしくお願いいたします。




More

by osp_blog | 2019-05-30 13:37 | OSP紹介

2019年度「ことば文学賞」作品応募締切延期のお知らせ 

第22回「ことば文学賞」に、ぜひあなたの作品を!

既にご案内していた2019年度・第22回「ことば文学賞」の、作品応募期間を延長します。
新しい締切日は、6月7日(金)です。

 あなたの吃音への思いを、ことばに表現して下さい。

 「ことば文学賞」の応募資格は、「大阪スタタリングプロジェクト」会員、および「日本吃音臨床研究会」会員です。応募者がどもる人であるかどうかは問いません。
最優秀賞1作品に3万円。優秀賞2作品に1万円の賞金を差し上げます。

◇作品内容:「ことば」「吃音」をテーマにした、体験記、エッセイ、詩などの文章。
◇作品規定:応募は1人1点。本文を400字詰め原稿用紙、10枚以内に書いて下さい。
 作品には、タイトル、氏名(ふりがな)、年令、職業 を明記して下さい。
 未発表のオリジナル作品に限ります。応募原稿は返却しません。

◇賞  品:最優秀賞1作品に図書券3万円。優秀賞2作品に図書券1万円。
 ともに、副賞として特製記念盾がつきます。

※これまでの「ことば文学賞」受賞作品は、OSP公式ホームページ「ことば文学賞」ページをご覧下さい。
※2018年度の受賞3作品は、いずれも周囲への吃音公表や、どもる人が周囲からどう見られるか、ということに関係する作品でした。体験談執筆のご参考になるかと思います。
同上「2018年度受賞全作品」ページ

※作品応募の詳細は、第22回「ことば文学賞」応募原稿募集要項・改訂版をご覧下さい。

※まだ会員でない方は、これを機会に入会をご検討ください。これまでに、入会直後に応募された作品の入賞例が、多数あります。
※また、応募以前から会員だった方含め、過去の入賞作品の半数近くが、初応募の作品です。

※「大阪スタタリングプロジェクト」と「日本吃音臨床研究会」については、下記リンク先をご覧ください。
・大阪スタタリングプロジェクト(大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山にお住まいの方)年会費6,000円/入会案内・正会員特典ページ
・日本吃音臨床研究会(上記以外にお住まいの方)年会費5,000円/会の紹介ページお問合せページ


※なお、同時に募集しておりました「吃音川柳」「吃音短歌」は、当初の告知通り2019年5月24日(金)で、ご応募を締め切りました。



by osp_blog | 2019-05-25 15:44

第8回「親、教師、言語聴覚士のための吃音講習会」のご案内 

2012年から毎年夏に開催して来た「吃音講習会」を、2018年は8月上旬に三重県津市で開催します。
テーマは『どもる子どもとの対話 ~子どものレジリエンスを育てる~』です。

第8回「親、教師、言語聴覚士のための吃音講習会」
日時:2019年8月3日(土)、8月4日()

   8月3日(土) 09:45~19:15
   8月4日(日) 09:00~16:45
会場:三重県教育文化会館 5F・大会議室
三重県津市桜橋2-142
TEL:059-228-1122

講師陣:牧野 泰美(国立特別支援教育総合研究所 上席総括研究員)
    伊藤 伸二(日本吃音臨床研究会会長)
主 催:吃音を生きる子どもに同行する教師・言語聴覚士の会、
    NPO法人大阪スタタリングプロジェクト
後 援:NPO法人全国ことばを育む会
参加費:6,000円


・開催趣旨、当日プログラム、講師プロフィール、お申し込み方法などは、詳細案内PDF(約400KB)をご覧ください。
・参加ご希望の方は、「第8回吃音講習会 申込書」(PDF版)に必要事項を記入して、下記まで郵送してください。
   千葉県千葉市立花見川第三小学校 黒田明志
   〒262-0046 千葉県千葉市花見川区花見川1-1
・または、「第8回吃音講習会 申込書」(Word版)に必要事項を記入して、下記に送信してください。
   第8回吃音講習会受付担当 黒田明志:
   kituon-kosyukai@live.jp[左記の「@」を半角に]

・参加費の送金
   申込書の送付と同時に、郵便振替でご送金下さい。
   口座番号 00960-0-282459 加入者名「吃音講習会」
※参加申し込み書と参加費の入金確認ができた時点で、正式参加申し込みとします。両方の確認 ができましたら、受講票をお送りします。当日、受付で受講票をご提示下さい。

・お問い合せ先:日本吃音臨床研究会
   〒572-0850 寝屋川市打上高塚町1-2-1526
   TEL/FAX 072-820-8244

・これまで開催されて来た「吃音講習会」については、「吃音講習会」公式ホームページをご覧ください。


※参加申込書の郵送先、送金先、お問い合せ先がそれぞれ違うので、ご注意ください。


[2019.06.17追記]伊藤ブログに、この吃音講習会に寄せた伊藤伸二さんのメッセージが掲載されています。ぜひご覧ください。
同ブログ2019.05.30「吃音を生き抜く子どもたちにとって、今なぜ対話が必要なのか」記事




by osp_blog | 2019-05-17 16:35 | その他イベント