人気ブログランキング |

カテゴリ:OSP紹介( 58 )

ことば文学賞作品の動画を公開します 

大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)の長年続いている企画に、「ことば文学賞」があります。
吃音を持つ仲間が、これまで体験を書きつづって来ました。

その作品のいくつかを、執筆者が朗読した動画を、このたび公開いたします。
ぜひ、味わってください。

【ことば文学賞】 どもりは審査委員長
https://youtu.be/e9itwmGMvDk

【ことば文学賞】 世界は、変わる
https://youtu.be/7mlWM1qI-D0

【ことば文学賞】 今は”ぞうさん”の気持ち
https://youtu.be/dprAza-VR88

【ことば文学賞】 新しい道を歩き始めて
https://youtu.be/FjuwISTokJc

※参考 大阪スタタリングプロジェクト「ことば文学賞」ページ
http://www.osaka-kitsuon.com/ospsinsei/bungaku.html

by osp_blog | 2016-09-20 11:50 | OSP紹介

2016年度「ことば文学賞」の作品を募集します 

2016年度・第19回「ことば文学賞」応募作品募集

 大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)では、毎年、ことばや吃音についての文学作品を、「ことば文学賞」と銘打って懸賞募集して来ました。応募作品は、体験記、エッセイ、吃音論、詩など、広いジャンルの文章を対象としています。
 あなたの吃音への思いを、ことばに表現して下さい。

 「ことば文学賞」の応募資格は、「大阪スタタリングプロジェクト」会員、「日本吃音臨床研究会」会員です。応募者が吃る人であるかどうかは問いません。
 「ことば文学賞」の審査は厳正です。応募された全作品の、執筆者名を伏せた原稿を、統一したフォーマットで印刷。審査員はその作品集を読んで審査します。受賞3作品の執筆者には、最高3万円の図書カードと副賞が贈呈されます。
 「ことば文学賞」受賞作品の発表は、2016 年 10 月 21 日(金)大阪吃音教室「吃音体験を味わう」例会会場で行います。また、受賞作品を、OSP機関紙『新生』紙上とOSP公式ホームページで公開します。入賞を逃した応募作品も、一部は『新生』紙上で紹介します。
 下記の募集要項にしたがって、ぜひ、あなたの作品をお寄せ下さい。

 なお、“吃音川柳・吃音短歌”も同時募集します。こちらも「ことば文学賞」同様、厳正なる審査にて決定し、大阪吃音教室「吃音体験を味わう」例会会場で受賞作を発表します。吃音川柳・吃音短歌の募集要項はこのページの末尾近くをご覧ください。


「ことば文学賞」応募原稿・募集要項
◆作品内容:「ことば」「吃音」をテーマにした、体験記、エッセイ、詩などの文章。
◆作品規定:応募は1人1点。本文を400字詰め原稿用紙、10枚以内に書いて下さい。
ワープロ原稿なら、1ページ40字×40行で、本文2ページ半以内です。
作品には、タイトル、氏名(ふりがな)、年令、職業 を明記して下さい。
未発表のオリジナル作品に限ります。応募原稿は返却しません。

◆賞  品:最優秀賞1作品に図書券3万円。優秀賞2作品に図書券1万円。
ともに、副賞として特製記念盾がつきます。
◆応募資格:大阪スタタリングプロジェクト会員、日本吃音臨床研究会会員。
◆応募締切:2016年10月07日(金) 当日消印有効。(メールは当日発信有効。)
◆受賞発表:2016年10月21日(金)大阪吃音教室「吃音体験を味わう」例会会場にて発表。
◆主  催:大阪スタタリングプロジェクト ◆協 賛:日本吃音臨床研究会
(応募作品の著作権は、主催者に帰属します。)
◆応 募 先:(郵送先) 〒583-0012 藤井寺市道明寺5-2-5 東野晃之
(メール) file@osaka-kitsuon.com (大阪吃音教室)



「吃音川柳」「吃音短歌」応募原稿・募集要項
◇作品内容:「ことば」「吃音」をテーマにした川柳、短歌。
◇作品規定:応募は1人5編まで。氏名(ニックネーム併記可)、年令、職業 を明記。
未発表のオリジナル作品に限定。著作権は主催者に帰属。
◇応募締切:2016年10月07日(金)当日消印有効。(メールは当日発信有効。)
◇受賞発表:2016年10月21日(金)大阪吃音教室「吃音体験を味わう」例会会場にて発表。
◇応募資格、主催、協賛、応募先:「ことば文学賞」と共通



※これまでの「ことば文学賞」受賞作品を、下記ページで公開しています。
・大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)公式サイト「ことば文学賞」受賞作品ページ
http://www.osaka-kitsuon.com/ospsinsei/bungaku.html

by osp_blog | 2016-07-23 17:53 | OSP紹介

2014年度「ことば文学賞」受賞作品を発表しました 

大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)では、毎年、ことばや吃音についての文学作品を、「ことば文学賞」と銘打って懸賞募集して来ました。2005年度からは、毎年秋に開催する「吃音ショートコース」期間中に、ショートコースの会場で授賞式を行っています。
2014年度「吃音ショートコース」は、10月11日(土)~13日(月)、滋賀県高島市にあるアクティプラザ琵琶で開催されました。
応募期間中に13編の作品が集まり、3名が受賞しました。

最優秀賞:東 めぐみ「吃音物語」
優秀賞: 斉 洋之(さい ひろし)「教育実習への挑戦」
優秀賞:西村 芳和「東 京」

上記の受賞作品は、下記ページで公開しています。
・大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)公式サイト「2014年度「ことば文学賞」受賞作品」ページ
http://www.osaka-kitsuon.com/ospsinsei/bungaku2014.html

by osp_blog | 2014-10-13 00:00 | OSP紹介

[緊急]ことば文学賞作品応募締切延期のお知らせ 

今年度「ことば文学賞」に、ぜひ作品を!

すでにご案内していた2014年度・第17回「ことば文学賞」に、締切日を過ぎた現在でも、応募作品が少ししか集まっていません。
そこで、応募締切を、大幅に延期します。
新しい締切日は、10月4日()です。

 あなたの吃音への思いを、ことばに表現して下さい。

 「ことば文学賞」の応募資格は、「大阪スタタリングプロジェクト」会員、「日本吃音臨床研究会」会員、および今年度の「吃音ショートコース」に参加される方です。応募者が吃る人であるかどうかは問いません。
最優秀賞1作品に3万円。優秀賞2作品に1万円の賞金を差し上げます。


◇作品内容:「ことば」「吃音」をテーマにした、体験記、エッセイ、詩などの文章。
◇作品規定:応募は1人1点。本文を400字詰め原稿用紙、10枚以内に書いて下さい。
 作品には、タイトル、氏名(ふりがな)、年令、職業 を明記して下さい。
 未発表のオリジナル作品に限ります。応募原稿は返却しません。
◇賞  品:最優秀賞1作品に図書券3万円。優秀賞2作品に図書券1万円。
 ともに、副賞として特製記念盾がつきます。


※これまでの「ことば文学賞」受賞作は、OSP公式ホームページ「ことば文学賞」ページをご覧下さい。

※作品応募の詳細は、第17回「ことば文学賞」応募原稿募集要項・改訂版をご覧下さい。

※同時募集している「吃音川柳」「吃音短歌」の締切りは変更なく、今年度吃音ショートコースの開催初日の10月11日(土)です。「吃音川柳」「吃音短歌」は、ニックネームでの発表は構いませんが、ご応募資格確認のため、本名と、どの応募資格でのエントリーかをメールに明記して下さい。

by osp_blog | 2014-09-13 19:35 | OSP紹介

第1回日曜例会のご案内 

今月から、大阪吃音教室の日曜例会を開催します。
お仕事などで、毎週金曜夕方の例会への参加がむつかしい方、OSP(大阪吃音教室)の会員でないけど参加したいという方、遠くにお住まいの方など、歓迎します。
ぜひご参加下さい。


日曜例会 第1回
日時:2014年6月29日(日) 13:00~17:00
例会タイトル:「自分の吃音を語る」
・吃音の悩み、困りごとを出し合い、みんなで考え、話し合います。
会場:應典院(おうてんいん)
大阪市天王寺区下寺町1丁目1-27
・大阪地下鉄堺筋線または近鉄「日本橋」駅(8番出口)から東へ、または大阪地下鉄谷町線「谷町9丁目」駅(3番出口)から西へ5、6分歩くと、「下寺町」(したでらまち)の大きな交差点に出ます。
・その東側の歩道を南に折れると、生國魂(いくたま)神社参道の石の鳥居、少し先に「パドマ幼稚園」の大きな建物、「大蓮寺」の正門があり、そのすぐ南隣りが 應典院(おうてんいん)の入口です。
・数段のステップを上がった左にある、黄色い扉を引いてお入り下さい。


※日曜例会の参加費は、通常の例会と同じです。
※【参加費】一回 300円
※大阪吃音教室に初めて来られる方、3年以上久し振りに参加される方は、別途「初参加資料代」として1700円頂きます。
※OSP(大阪吃音教室)の会員は、参加費300円のみ頂きます。

by osp_blog | 2014-06-02 21:18 | OSP紹介

2014年度年間スケジュールが決まりました 

大阪吃音教室の 2014年度年間スケジュール が決まりました。
下記リンク先でご覧いただけます。

☆大阪吃音教室「年間スケジュール」ページURL
http://osaka-kitsuon.com/ospschedule/ospschedule.html

携帯版のページはこちらです。
☆OSP公式サイト携帯版「年間スケジュール」ページURL
http://osaka-kitsuon.com/m/schedule.html

More

by osp_blog | 2014-03-09 08:50 | OSP紹介

2013年度も「ことば文学賞」に作品を募集します 

2013年度・第16回「ことば文学賞」応募作品募集

 大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)では、毎年、ことばや吃音についての文学作品を、「ことば文学賞」と銘打って懸賞募集して来ました。応募作品は、体験記、エッセイ、吃音論、詩など、広いジャンルの文章を対象としています。
 あなたの吃音への思いを、ことばに表現して下さい。

 「ことば文学賞」の応募資格は、「大阪スタタリングプロジェクト」会員、「日本吃音臨床研究会」会員、および今年度の「吃音ショートコース」に参加される方です。応募者が吃る人であるかどうかは問いません。
 「ことば文学賞」の受賞作品は、OSP機関紙『新生』紙上とOSP公式ホームページで公開します。入賞を逃した応募作品も、一部は『新生』紙上で紹介します。
今年度は、“吃音川柳”と“吃音短歌”を同時に募集します。
募集要項にしたがって、ぜひ、あなたの作品をお寄せ下さい。

◇作品内容:「ことば」「吃音」をテーマにした、体験記、エッセイ、詩などの文章。
◇作品規定:応募は1人1点。本文を400字詰め原稿用紙、10枚以内に書いて下さい。
 作品には、タイトル、氏名(ふりがな)、年令、職業 を明記して下さい。
 未発表のオリジナル作品に限ります。応募原稿は返却しません。
◇賞  品:最優秀賞1作品に図書券3万円。優秀賞2作品に図書券1万円。
 ともに、副賞として特製記念盾がつきます。

※これまでの「ことば文学賞」受賞作は、OSP公式ホームページ「ことば文学賞」ページをご覧下さい。

※募集要項の詳細は、こちらをご覧下さい。

※「ことば文学賞」に関連する例会「文章教室」の様子は、「吃音体験を綴る」記事をご覧下さい。


【追記】
2013年度「ことば文学賞」には、13篇の作品応募があり、吃音ショートコース会場で受賞発表が行われました。
受賞作品は、下記のWebページで公開しています。
・OSP公式Webサイト「ことば文学賞 2013年度受賞3作品」ページ
http://www.osaka-kitsuon.com/ospsinsei/bungaku2013.html

by osp_blog | 2013-08-09 16:08 | OSP紹介

大阪吃音教室のスケジュールを一部変更しました 

大阪吃音教室の2013年度年間スケジュールを一部変更しました。
07.19、07.26、10.25、11.08のタートル、担当者が変わります。
期日が近い変更もあるので、このブログでもお伝えします。

・7月19日(金)
(聴き上手になろう[担当:徳田 和史])→ 自分の吃音体験を綴る(文章教室)[担当:西田 逸夫]
・7月26日(金)
(自分の吃音体験を綴る(文章教室)[担当:西田 逸夫])→ 聴き上手になろう[担当:徳田 和史]
※7月19日と7月26日の日程を入れ換えます。

・10月25日(金)
吃音恐怖と予期不安への対処[担当:(林 佳代)→ 東野 晃之]
※10月25日の担当者が交代します。

・11月8日(金)
(インタビューゲーム)→ 吃音体験を味わう[担当:西田 逸夫]
※11月8日のタイトルを変更します。初めて開講する例会タイトルで、今年度の「ことば文学賞」全応募作品を味わいます。

by osp_blog | 2013-07-07 05:11 | OSP紹介

年間スケジュール決定 

大阪吃音教室の 2013年度年間スケジュール が決まりました。
下記リンク先でご覧いただけます。
☆大阪吃音教室「年間スケジュール」ページURL
http://osaka-kitsuon.com/ospschedule/ospschedule.html

携帯版のページはこちらです。
☆OSP公式サイト携帯版「年間スケジュール」ページURL
http://osaka-kitsuon.com/m/schedule.html

by osp_blog | 2013-03-14 00:32 | OSP紹介

2012年度「ことば文学賞」受賞作品を発表しました 

大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)では、毎年、ことばや吃音についての文学作品を、「ことば文学賞」と銘打って懸賞募集して来ました。2005年度からは、毎年秋に開催する「吃音ショートコース」期間中に、ショートコースの会場で授賞式を行っています。
2012年度「吃音ショートコース」は、11月23日(金)~25日(日)、滋賀県高島市にあるアクティプラザ琵琶で開催されました。
応募期間中に13編の作品が集まり、3名が受賞しました。

最優秀賞:南 泰成「あるがままに」
優秀賞:村田 朝雅「吃音受容と他力の信について」
優秀賞:丹 佳子(たん かこ)「甘えの構造 祖母に捧げるバラード

上記の受賞作品は、下記ページで公開しています。
・大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)公式サイト「2012年度「ことば文学賞」受賞作品」ページ
http://www.osaka-kitsuon.com/ospsinsei/bungaku2012.html

by osp_blog | 2012-11-25 00:00 | OSP紹介