カテゴリ:OSP紹介( 43 )

このブログを訪問された皆さんへ 

このブログでは、原則として「投稿日」をイベント当日の日付とします。
たとえば大阪吃音教室例会の報告を、例会当日の日付で掲載します。
※今日まだ報告が載っていない例会の記事が、何週間か(時には何ヶ月か)あとに掲載される、なんてこともあります。そんなわけですから、このブログを時々覗いてみて下さい。
※RSSによる更新情報は、もちろん、実際に投稿した日時に送信されます。(笑)
[PR]

by osp_blog | 2019-01-01 02:00 | OSP紹介

大阪吃音教室の例会は、申し込み不要です 

大阪吃音教室の例会に参加するのに、事前の申し込みや連絡は不要です。

ただ、年に約10回、休みの週があります。初参加される前に、年間スケジュールを確かめ、例会を開催している日にご参加下さい。

【日時、参加費、会場アクセスなど】
・大阪スタタリングプロジェクト「吃音教室へのお誘い」ページ 「案内」欄

※同じページの前半部分では、「吃音と上手につき合うための三つの柱」など、大阪吃音教室の方針や例会の概略の内容を紹介しています
[PR]

by osp_blog | 2019-01-01 01:00 | OSP紹介

2018.09.28 櫛谷宗則講師「苦しんで生きていこう」のお知らせ 

櫛谷 宗則 (くしや しゅうそく) 講師
・例会タイトル:苦しんで生きていこう
・2018年9月28日(金) 18:45~21:00
應典院(おうてんいん)
・参加費:300円
※大阪吃音教室に初参加の方は、資料代1,700円を別途いただきます。

※大阪吃音教室では、櫛谷宗則講師がゲストの例会を、2016年度を初回として毎年9月下旬に開講してきました。
・2016年度「自己の存在価値を自身のなかに見出す」
・2017年度「吃音を新しいいのちの明るさで生きる」
今回、「苦しんで生きていこう」とのタイトルでどのようなお話をして下さるのか、お迎えする主催者側としても楽しみです。


2017.09.29例会「吃音を新しいいのちの明るさで生きる」で語る櫛谷講師
c0191808_21172847.jpg
櫛谷宗則さんは、禅宗(曹洞宗)の澤木 興道 (さわき こうどう) 老師の衣鉢を継いだ内山 興正 (うちやま こうしょう) 老師に長年師事し、『内山興正老師 いのちの問答』(2013年9月、大宝輪閣)等の著作、冊子『共に育つ』(1987年~、耕雲庵)発行を通じて禅の思想、両老師の事績を広める活動のほか、新潟や大阪などで坐禅会を催しておられます。
この機会に、大阪吃音教室にぜひご参加ください。


参考URL:
・大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)年間スケジュール
2018年9月




[PR]

by osp_blog | 2018-08-07 21:24 | OSP紹介

2018年度「吃音キャラクター」「言語関係図」「吃音チェックリスト」の例会動画をご覧ください 

2018年度の大阪吃音教室例会のうち、下記の例会の動画を、OSP大阪スタタリングプロジェクト公式ホームページに掲載しています。
どうぞご覧ください。

「吃音キャラクター」
2018.06.08(金) 「吃音キャラクターを作ろう」例会動画ページ

「言語関係図」
2018.04.27(金) 「自分のどもりの課題を知る」例会動画ページ

「吃音チェックリスト」
2018.04.20(金) 「自分のどもりの課題を分析する」例会動画ページ




[PR]

by osp_blog | 2018-07-29 22:00 | OSP紹介

ことば文学賞作品応募締切延期のお知らせ 

今年度「ことば文学賞」に、ぜひあなたの作品を!

既にご案内していた2018年度・第21回「ことば文学賞」の、作品応募期間を延長します。
新しい締切日は、6月3日(日)です。

 あなたの吃音への思いを、ことばに表現して下さい。

 「ことば文学賞」の応募資格は、「大阪スタタリングプロジェクト」会員、および「日本吃音臨床研究会」会員です。応募者がどもる人であるかどうかは問いません。
最優秀賞1作品に3万円。優秀賞2作品に1万円の賞金を差し上げます。

◇作品内容:「ことば」「吃音」をテーマにした、体験記、エッセイ、詩などの文章。
◇作品規定:応募は1人1点。本文を400字詰め原稿用紙、10枚以内に書いて下さい。
 作品には、タイトル、氏名(ふりがな)、年令、職業 を明記して下さい。
 未発表のオリジナル作品に限ります。応募原稿は返却しません。

◇賞  品:最優秀賞1作品に図書券3万円。優秀賞2作品に図書券1万円。
 ともに、副賞として特製記念盾がつきます。

※これまでの「ことば文学賞」受賞作品は、OSP公式ホームページ「ことば文学賞」ページをご覧下さい。
※とりわけ2017年度の受賞作品は、いずれも職場での三者三様の吃音体験を活写しており、体験談執筆のご参考に最適です。同上「2017年度受賞全作品」ページ

※作品応募の詳細は、第21回「ことば文学賞」応募原稿募集要項・改訂版をご覧下さい。

※まだ会員でない方は、これを機会に入会をご検討ください。これまでに、入会直後に応募された作品の入賞例が、多数あります。
※また、応募以前から会員だった方含め、過去の入賞作品の半数近くが、初応募の作品です。

※「大阪スタタリングプロジェクト」と「日本吃音臨床研究会」については、下記リンク先をご覧ください。
・大阪スタタリングプロジェクト(大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山にお住まいの方)年会費6,000円/入会案内・正会員特典ページ
・日本吃音臨床研究会(上記以外にお住まいの方)年会費5,000円/会の紹介ページお問合せページ


※なお、同時に募集しておりました「吃音川柳」「吃音短歌」は、当初の告知通り5月25日(金)で、ご応募を締め切りました。


[2018.07.14 追記]
2018年度「ことば文学賞」受賞作品は、下記3作品と決まりました。
最優秀賞:椿谷 昌史「もーいいよ
優秀賞:嶺本 憲吾「第3のどもり
優秀賞:西田 逸夫「どもる子はかしこいんやで
※受賞作品は、2018年6月16日、「新・吃音ショートコース」会場で発表しました。3作品は、いずれも「吃音の公表」をテーマとする作品でした。
大阪スタタリングプロジェクト会員向けに、3作品を機関紙『新生』のそれぞれ2018年9月号、10月号、11月号紙上で発表します。また、公式ホームページ「ことば文学賞」各年度受賞作品ページで、2019年春以降に一般公開します。


[PR]

by osp_blog | 2018-05-25 23:59 | OSP紹介

2018年度 第1回「吃音を考える会」は「竹内敏晴さんから学んだ、からだとことばのレッスン」 

〇2018年度 第1回「吃音を考える会」
・タイトル:竹内敏晴さんから学んだ、からだとことばのレッスン
・日時:2018.06.03(日) 10:00~17:00

・会場:應典院(おうてんいん)大阪市天王寺区下寺町1丁目1-27
・参加費:OSP会員300円、未会員1,000円(この回だけの特別価格)

「吃音を考える会」は年3回開催。日曜日に、いつもの金曜例会より長い時間でじっくりと深い話し合いができる、運営する側にとっても楽しみな時間です。

6月3日に開催する2018年度第1回「吃音を考える会」は、午前10:00から夕方まで、竹内敏晴(たけうち としはる)さんから大阪吃音教室のメンバーが学んだ「からだとことばのレッスン」をおこないます。
ぜひご参加ください。


※見学はお断りしています。参加費(OSP会員300円、未会員1,000円)をお支払いの上でご参加下さい。
※大阪吃音教室に初参加される方は、初参加資料代1,700円を別途頂きます。


参考URL1:
・大阪吃音教室 公式ホームページ
「大阪吃音教室 年間スケジュール」ページ

参考URL2:
・2016年度「竹内敏晴さんから学んだ、からだとことばのレッスン」当日の映像を、下記でご覧いただけます。
「大阪吃音教室 動画記録 2016.10.02」ページ





More
[PR]

by osp_blog | 2018-05-06 10:02 | OSP紹介

2018年度「ことば文学賞」の作品を募集します 

2018年度・第21回「ことば文学賞」応募作品募集

 大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)では、毎年、ことばや吃音についての文学作品を、「ことば文学賞」と銘打って懸賞募集して来ました。応募作品は、体験記、エッセイ、吃音論、詩など、広いジャンルの文章を対象としています。
 あなたの吃音への思いを、ことばに表現して下さい。

 「ことば文学賞」の応募資格は、「大阪スタタリングプロジェクト」会員、「日本吃音臨床研究会」会員です。応募者が、どもる人であるかどうかは問いません。
 「ことば文学賞」の審査は厳正です。応募された全作品の、執筆者名を伏せた原稿を、統一したフォーマットで印刷。審査員はその作品集を読んで審査します。受賞3作品の執筆者には、最高3万円の図書カードと副賞が贈呈されます。
 「ことば文学賞」受賞作品の発表は、例年「新・吃音ショートコース」の会場で行なって来ました。今年度は「新・吃音ショートコース」を6月16日(土)、17日(日)に開催するので、作品募集期間を早春のこの時期から、初夏の5月下旬までとします。
 また、受賞作品を、OSP機関紙『新生』紙上とOSP公式ホームページで公開します。入賞を逃した応募作品も、一部は『新生』紙上で紹介します。

 下記の募集要項にしたがって、ぜひ、あなたの作品をお寄せ下さい。

 なお、“吃音川柳・吃音短歌”も同時募集します。こちらも、「新・吃音ショートコース」会場で受賞発表します。

「ことば文学賞」応募原稿・募集要項
◇作品内容:「ことば」「吃音」をテーマにした、体験記、エッセイ、詩などの文章。
◇作品規定:応募は1人1点。本文を400字詰め原稿用紙、10枚以内に書いて下さい。
ワープロ原稿なら、1ページ40字×40行で、本文2ページ半以内です。
作品には、タイトル、氏名(ふりがな)、年令、職業 を明記して下さい。
未発表のオリジナル作品に限ります。応募原稿は返却しません。

◇賞  品:最優秀賞1作品に図書券3万円。優秀賞2作品に図書券1万円。
ともに、副賞として特製記念盾がつきます。
◇応募資格:大阪スタタリングプロジェクト会員、日本吃音臨床研究会会員。
◇応募締切:2018年05月25日(金) 当日消印有効。(メールは当日発信有効。)
◇受賞発表:2018年06月16日(土)、17日(日)「新・吃音ショートコース」会場
◇主  催:大阪スタタリングプロジェクト ◇協 賛:日本吃音臨床研究会
(応募作品の著作権は、主催者に帰属します。)
◇応 募 先:(郵送先) 〒583-0012 藤井寺市道明寺5-2-5 東野晃之
(メール) file@osaka-kitsuon.com (大阪吃音教室)

「吃音川柳」「吃音短歌」応募原稿・募集要項
◇作品内容:「ことば」「吃音」をテーマにした川柳、短歌。
◇作品規定:応募は1人5編まで。氏名(ニックネーム併記可)、年令、職業 を明記。
未発表のオリジナル作品に限定。著作権は主催者に帰属。
◇応募資格、主催、協賛、応募締切、受賞発表、応募先:「ことば文学賞」と共通


※これまでの「ことば文学賞」受賞作品を、下記ページで公開しています。
・大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)公式サイト「ことば文学賞」受賞作品ページ
http://www.osaka-kitsuon.com/ospsinsei/sakuhin.html

・同上「ことば文学賞」2017年度受賞作品ページ
http://www.osaka-kitsuon.com/ospsinsei/bungaku2017.html





[PR]

by osp_blog | 2018-05-04 00:00 | OSP紹介

2018年度年間スケジュールが決まりました 

大阪吃音教室の2018年度年間スケジュールが決まりました。
下記リンク先でご覧いただけます。

☆大阪吃音教室「年間スケジュール」ページURL
http://osaka-kitsuon.com/ospschedule/ospschedule.html

携帯版のページはこちらです。
☆OSP公式サイト携帯版「年間スケジュール」ページURL
http://osaka-kitsuon.com/m/schedule.html



More
[PR]

by osp_blog | 2018-03-08 12:51 | OSP紹介

2018.02.25「吃音を考える会」開催のお知らせ 

2017年度第3回「吃音を考える会」
・2018年2月25日() 13:00~17:00
應典院(おうてんいん)
・参加費:会員 300円、未会員 500円
※大阪吃音教室について詳しくは、「大阪吃音教室 案内」をご覧ください。
※大阪吃音教室に初参加の方は、資料代1,700円を別途いただきます。

・テーマ:未 定(参加者の皆さんの話し合いで決めます)
・担 当:東野 晃之

「吃音を考える会」は、毎年3回、日曜日(または土曜日)の午後、いつもの金曜例会より長く時間を取り、吃音について話し合う機会として運営してきました。次回の「吃音を考える会」は、あらかじめテーマを設けず、その場に集まった皆さんの相談によって、何を話し合うか決定します。
 ご都合の良い方は、ぜひご参加下さい。吃音についてどんな話が飛び出すか、お楽しみに。




[PR]

by osp_blog | 2018-02-07 14:54 | OSP紹介

2017年度「ことば文学賞」の作品を募集します 

2017年度・第20回「ことば文学賞」応募作品募集

 大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)では、毎年、ことばや吃音についての文学作品を、「ことば文学賞」と銘打って懸賞募集して来ました。応募作品は、体験記、エッセイ、吃音論、詩など、広いジャンルの文章を対象としています。
 あなたの吃音への思いを、ことばに表現して下さい。

 「ことば文学賞」の応募資格は、「大阪スタタリングプロジェクト」会員、「日本吃音臨床研究会」会員です。応募者が、どもる人であるかどうかは問いません。
 「ことば文学賞」の審査は厳正です。応募された全作品の、執筆者名を伏せた原稿を、統一したフォーマットで印刷。審査員はその作品集を読んで審査します。受賞3作品の執筆者には、最高3万円の図書カードと副賞が贈呈されます。
 「ことば文学賞」受賞作品の発表は、2017年12月09日(土)、10日(日)に開催する「新・吃音ショートコース」会場で行います。また、受賞作品を、OSP機関紙『新生』紙上とOSP公式ホームページで公開します。入賞を逃した応募作品も、一部は『新生』紙上で紹介します。
 下記の募集要項にしたがって、ぜひ、あなたの作品をお寄せ下さい。

「ことば文学賞」応募原稿・募集要項
◆作品内容:「ことば」「吃音」をテーマにした、体験記、エッセイ、詩などの文章。
◆作品規定:応募は1人1点。本文を400字詰め原稿用紙、10枚以内に書いて下さい。
ワープロ原稿なら、1ページ40字×40行で、本文2ページ半以内です。
作品には、タイトル、氏名(ふりがな)、年令、職業 を明記して下さい。
未発表のオリジナル作品に限ります。応募原稿は返却しません。

◆賞  品:最優秀賞1作品に図書券3万円。優秀賞2作品に図書券1万円。
ともに、副賞として特製記念盾がつきます。
◆応募資格:大阪スタタリングプロジェクト会員、日本吃音臨床研究会会員。
◆応募締切:2017年11月24日(金) 当日消印有効。(メールは当日発信有効。)
[2017.11.11追記]作品募集期間を延長し、11.24(金)締切りとします。
◆受賞発表:2017年12月09日(土)、10日(日)「新・吃音ショートコース」会場にて発表。
◆主  催:大阪スタタリングプロジェクト ◆協 賛:日本吃音臨床研究会
(応募作品の著作権は、主催者に帰属します。)
◆応 募 先:(郵送先) 〒583-0012 藤井寺市道明寺5-2-5 東野晃之
(メール) file@osaka-kitsuon.com (大阪吃音教室)



[2017.11.11追記]なお、“吃音川柳・吃音短歌”も募集しておりました。こちらは当初の要項通り、11.10(金)にご応募を締切りました。。



※これまでの「ことば文学賞」受賞作品を、下記ページで公開しています。
・大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)公式サイト「ことば文学賞」受賞作品ページ
http://www.osaka-kitsuon.com/ospsinsei/sakuhin.html




[PR]

by osp_blog | 2017-09-19 14:49 | OSP紹介