このブログを訪問された皆さんへ 

このブログでは、原則として「投稿日」をイベント当日の日付とします。
たとえば大阪吃音教室例会の報告を、例会当日の日付で掲載します。
※今日まだ報告が載っていない例会の記事が、何週間か(時には何ヶ月か)あとに掲載される、なんてこともあります。そんなわけですから、このブログを時々覗いてみて下さい。
※RSSによる更新情報は、もちろん、実際に投稿した日時に送信されます。(笑)
[PR]

# by osp_blog | 2019-01-01 02:00 | OSP紹介

大阪吃音教室の例会は、申し込み不要です 

大阪吃音教室の例会に参加するのに、事前の申し込みや連絡は不要です。

ただ、年に約10回、休みの週があります。初参加される前に、年間スケジュールを確かめ、例会を開催している日にご参加下さい。

【日時、参加費、会場アクセスなど】
・大阪スタタリングプロジェクト「吃音教室へのお誘い」ページ 「案内」欄

※同じページの前半部分では、「吃音と上手につき合うための三つの柱」など、大阪吃音教室の方針や例会の概略の内容を紹介しています
[PR]

# by osp_blog | 2019-01-01 01:00 | OSP紹介

2018.02.25「吃音を考える会」開催のお知らせ 

2017年度第3回「吃音を考える会」
・2018年2月25日() 13:00~17:00
應典院(おうてんいん)
・参加費:会員 300円、未会員 500円
※大阪吃音教室について詳しくは、「大阪吃音教室 案内」をご覧ください。
※大阪吃音教室に初参加の方は、資料代1,700円を別途いただきます。

・テーマ:未 定(参加者の皆さんの話し合いで決めます)
・担 当:東野 晃之

「吃音を考える会」は、毎年3回、日曜日(または土曜日)の午後、いつもの金曜例会より長く時間を取り、吃音について話し合う機会として運営してきました。次回の「吃音を考える会」は、あらかじめテーマを設けず、その場に集まった皆さんの相談によって、何を話し合うか決定します。
 ご都合の良い方は、ぜひご参加下さい。吃音についてどんな話が飛び出すか、お楽しみに。




[PR]

# by osp_blog | 2018-02-07 14:54

2017年 忘年会報告 

2017.12.16(土)、大阪吃音教室の忘年会を、例年通り四条畷市の「カフェ グッデイズ」で開催した。ここは本当に料理がおいしく、29人の参加者の、箸が進む、進む。
大阪吃音教室の忘年会は毎回、参加者全員が長い語りをして、それを皆でわいわい突っ込んだり、するどい質問をしたりして盛り上がるのが恒例だが、今年は「その人ならではのユニークな自己紹介をする」という条件が加わり、いっそう賑やかな会となった。
また、何人かから、初めて聞く喜ばしいニュースが飛び出して、皆で祝う会を兼ねることにもなった。一同の語りが終わってからは、これも恒例となっている、例会年間最多回数参加賞授与や、再多参加人数の例会当てクイズ……。18時に始まった忘年会が、やっと22時に終わったのであった。

店の看板と、クリスマスの飾り付け
c0191808_14313306.jpg
c0191808_14313365.jpgc0191808_14313414.jpgc0191808_14313419.jpg

料理のほんの一部、群がる参加者、取り皿の例
c0191808_14313449.jpgc0191808_14313517.jpgc0191808_14313592.jpgc0191808_14313500.jpgc0191808_14313588.jpgc0191808_14313630.jpg

当日最高齢、吉岡さんの音頭による乾杯
c0191808_14342013.jpg

歓談しながらの食事
c0191808_14342080.jpg

みんなが語る時間、冒頭あいさつの東野さんと、締めくくりの溝口さん
c0191808_14342014.jpgc0191808_14342082.jpg

最後は、この一年を振り返る伊藤さんの語り
c0191808_14342102.jpgc0191808_14342143.jpgc0191808_14342141.jpg


[2017.12.28追記]この忘年会のより詳しい報告が、伊藤伸二ブログに掲載されました。ぜひお読みください。




[PR]

# by osp_blog | 2017-12-16 00:00 | その他イベント

ことば文学賞作品応募締切延期のお知らせ 

今年度「ことば文学賞」に、ぜひあなたの作品を!

既にご案内していた2017年度・第20回「ことば文学賞」の応募作品が、締切日を過ぎた現在でも、例年より少数しか集まっていません。
そこで、作品応募期間を延長します。
新しい締切日は、11月24日(金)です。

 あなたの吃音への思いを、ことばに表現して下さい。

 「ことば文学賞」の応募資格は、「大阪スタタリングプロジェクト」会員、および「日本吃音臨床研究会」会員です。応募者がどもる人であるかどうかは問いません。
最優秀賞1作品に3万円。優秀賞2作品に1万円の賞金を差し上げます。

◇作品内容:「ことば」「吃音」をテーマにした、体験記、エッセイ、詩などの文章。
◇作品規定:応募は1人1点。本文を400字詰め原稿用紙、10枚以内に書いて下さい。
 作品には、タイトル、氏名(ふりがな)、年令、職業 を明記して下さい。
 未発表のオリジナル作品に限ります。応募原稿は返却しません。

◇賞  品:最優秀賞1作品に図書券3万円。優秀賞2作品に図書券1万円。
 ともに、副賞として特製記念盾がつきます。

※これまでの「ことば文学賞」受賞作は、OSP公式ホームページ「ことば文学賞」ページをご覧下さい。

※作品応募の詳細は、第20回「ことば文学賞」応募原稿募集要項・改訂版をご覧下さい。

※まだ会員でない方は、これを機会に入会をご検討ください。過去、入会直後に初応募された作品の入賞例が、多数あります。
※「大阪スタタリングプロジェクト」と「日本吃音臨床研究会」については、下記リンク先をご覧ください。
・大阪スタタリングプロジェクト(大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山にお住まいの方)年会費6,000円/入会案内・正会員特典ページ
・日本吃音臨床研究会(上記以外にお住まいの方)年会費5,000円/会の紹介ページお問合せページ


※なお、同時に募集しておりました「吃音川柳」「吃音短歌」は、当初の告知通り11月10日(金)で、ご応募を締め切りました。



[PR]

# by osp_blog | 2017-11-11 02:16 | others