第3回 新吃音ショートコース「吃音哲学 ~吃音の豊かな世界への招待~」のお知らせ 

第3回 新・吃音ショートコース「吃音哲学 ~吃音の豊かな世界への招待~」
日時:2018年6月16日(土)・17日(日)
会場:大阪市立東淀川区民会館
(阪急「淡路」駅東出口から南東へ徒歩約12分)
参加費:5,000円
・研修費です。宿泊費、食事代は各自ご負担ください。
申込み・問合せ先:日本吃音臨床研究会
   〒572-0850 寝屋川市打上高塚町1-2-1526
   TEL/FAX 072-820-8244

※「第3回 新吃音ショートコース」の趣旨、内容は、下記PDFをご覧ください。
☆「新吃音ショートコース」案内

※「第3回 新吃音ショートコース」に参加ご希望の方は、①氏名 ②住所 ③電話番号 ④所属 ⑤プログラムについての希望・要望 ⑥吃音に関する質問を記入し、はがきかFAXで日本吃音臨床研究会まで送ってください。
※または、下記用紙にご記入の上、日本吃音臨床研究会にFAXまたは郵送してください。
☆「第3回 新吃音ショートコース」参加申し込み用紙


※昨年度の開催された「第2回 新吃音ショートコース」については、下記をご覧ください。
☆ 伊藤伸二ブログ「吃音哲学と吃音人生」記事
☆ 伊藤伸二ブログ「吃音哲学と吃音人生につきあう(参加しての感想)」記事







第3回 新・吃音ショートコース 趣旨
 
 精神医学、臨床心理学、教育学、演劇など幅広い領域の第一人者を講師に迎えた吃音ショートコースでは、論理療法、アサーション・トレーニング、交流分析、認知行動療法、ゲシュタルト療法、当事者研究、内観、建設的な生き方、トランスパーソナル、からだとことばのレッスン、笑いとユーモア、サイコドラマなどを学び、体験してきました。今後は、これらを、日常生活に、これからの人生設計に、また、どもる子どもの支援にどう活かすかを探っていきます。
 新・吃音ショートコースは、現在、生活で困っていることだけでなく、こう考え、こう取り組めば、より楽しくより豊かに生きることができるという視点でも、生活や人生を見つめ直す場にできればと考えています。吃音を切り口にして、生きることを考える「吃音哲学」が今後ずっと続くテーマです。
 最初からきちんとしたプログラムができているわけではありません。とりあえずのおおざっぱな流れはあるものの、参加者の希望や要望で、柔軟に企画します。
 今、ここで感じたことを率直に出し合い、対話を通して自分に気づき、他者に気づいていく、そんな時間を共有していただければと思います。
 事前に希望、要望、提案をしていただければ、それに沿ったプログラムを組み立てます。遠慮なく提案して下さい。当日でも構いません。その場で、自分のこと、グループのこと、どもる子どもへの支援のあり方など、生活、人生を振り返り、今後の展望を考えましょう。ご参加をお待ちしています。




[PR]

by osp_blog | 2018-05-04 10:02 | その他イベント

<< 2018年度 第1回「吃音を考...    2018年度「ことば文学賞」の... >>