交流分析2(やりとり分析) 

タイトル:気持ちのよいやりとりをするために ~交流分析2(やりとり分析)~
担当:伊藤 伸二

参加者:28名(うち初参加者3名)

交流分析の根幹をなす「やりとり分析」について解説、会話の状況に応じた気持ちのよいやりとりについて話し合った。




【初参加者感想】
〇今日の話は難しかった。でも、皆さんが、自分が悩んで来たのと同じような経験をされていると分かって良かった。
〇参加してみて、すごく楽しかった。みんなが、自分の話したいことを話しているのがすごくいいと思った。
〇交流分析の話は分からなかったが、ここがどういうところなのかはよく分かった。
[PR]

by osp_blog | 2012-06-08 00:00 | 例会報告

<< 2012年度吃音相談会のお知らせ     交流分析1  >>