人気ブログランキング |

例会報告「どもりについてみんなで語ろう」 

テーマ:どもりについてみんなで語ろう(どもり内観)
担当者:東野 晃之

参加者:26名(うち初参加者1名)



【どもり内観】
東野:今日は「どもりについてみんなで語ろう」という時間だが、いつもとは違う趣向で「どもり内観」をやってみようと思う。
内観法というのは、親など自分の身近な人について、じっくりと時間をかけて過去の事実を振り返る。「していただいたこと」「して差し上げたこと」「迷惑をかけたこと」の3つの項目で、具体的な事実を思い出す。
今日は自分のどもりについて、この3つの項目を振り返って欲しい。

【参加者の感想から】
〇どもりには迷惑ばかりを掛けられて来たと思っていた。自分がどもりに迷惑を掛けていたというのは意外だった。これだけして頂いたと分かって、肯定的に捉える気になった。
〇最初は自分がして差し上げたことを何も思いつかなかった。でもみんなの話を聞いて、自分もして差し上げたことがあると気付いた。
〇内観をするまでは、どもりが自分のマイナス面、寄生虫のようなものと思っていた。今日は客観的に、自分の外にあるもののように思えた。人格を持ったものとして、付き合いたいと思った。
〇「迷惑をかけたこと」はなかなか出て来なかった。他の人の発言を聞いて、自分もどもりを「いい子いい子」してあげようと思った。今はまだ出来そうにないけれど。
〇今は出来なくても、そうしてあげようと自分が決めることが大事。長年の間には、そんな自分と出会えるようになる。

【初参加者感想】
〇今日は来て良かった。ここの考え方に、まったく抵抗を感じなかった。「どもり」に対して自分が迷惑をかけたことなど、考えるのは初めてだったのに、みんなの意見を聞いて勉強になったし、明日から頑張ろうという気になった。

by osp_blog | 2009-03-27 00:00 | 例会報告

<< 例会報告「聴き上手になろう」     年間スケジュール決定  >>