人気ブログランキング | 話題のタグを見る

大阪吃音教室の例会は、申し込み不要です 

大阪吃音教室の例会に参加するのに、事前の申し込みや連絡は不要です。

ただ、年に約10回、休みの週があります。初参加される前に、年間スケジュールを確かめ、例会を開催している日にご参加ください。

【日時、参加費、会場アクセスなど】
・大阪吃音教室公式サイト「吃音教室へのお誘い」ページ 「案内」欄

※同じページの前半部分では、「吃音と上手につき合うための三つの柱」など、大阪吃音教室の方針や例会の概略の内容を紹介しています。


More

# by osp_blog | 2022-01-01 01:00 | OSP紹介

このブログを訪問された皆さんへ 

このブログでは、原則として「投稿日」をイベント当日の日付とします。
たとえば大阪吃音教室例会の報告を、例会当日の日付で掲載します。
※今日まだ報告が載っていない例会の記事が、何週間か(時には何ヶ月か)あとに掲載される、なんてこともあります。そんなわけですから、このブログを時々覗いてみて下さい。
※RSSによる更新情報は、もちろん、実際に投稿した日時に送信されます。(笑)

# by osp_blog | 2022-01-01 00:00 | OSP紹介

第9回 東京吃音ワークショップのお知らせ 

第9回 吃音と向き合い、語り合う
伊藤伸二・吃音ワークショップ


 「吃音を治すことにこだわらず、吃音と共に豊かに生きていくことを目指そう」と、大阪を基盤に活動している日本吃音臨床研究会の伊藤伸二とその仲間と一緒に、吃音の問題について考え、話し合い、吃音との上手なつきあい方を探る関東地方での吃音ワークショップです。

 内容は参加者の要望によって組み立てますが、次のようなことが考えられます。
◇吃音を生きる、論理療法、交流分析、認知行動療法、アサーティヴ・トレーニング、健康生成論、レジリエンスなどについて
◇吃音で苦戦している問題についての具体的対処
◇どもって声が出ないときの対処・サバイバル
◇吃音を治す言語訓練に代わる、日本語の発音・発声のレッスン
◇今、困っていること、悩んでいることの課題を明らかにし、展望を探る、公開面接<対話>
◇当事者研究の手法を用い、やりとりをしながら、今後の対処を明らかにする


日時:2022年1月10日(月祝)10時~17時
会場:北とぴあ

   (東京都北区王子1-11-1)
  JR京浜東北線「王子」駅北口徒歩2分
  東京メトロ南北線「王子」駅5番出口直結

定員:18名
参加費:5,000円……当日、受付でお支払い下さい。
申し込み方法
(1) 名前、(2) 年齢、(3) 住所、(4) 電話番号、(5) 職業、(6) 話し合ってみたいことや聞きたいこと、(7) 伊藤伸二・吃音ワークショップを知ったきっかけ、を書いて、メールか電話で 下記にお申し込み下さい。
申し込み締め切り:2022年1月9日(日)
問い合わせ・申し込み先:日本吃音臨床研究会
   メールアドレス:jspshinji-ito@job.zaq.jp
   TEL:090-1228-2360
   FAX:072-820-8244(2021年12月29日まで)


※より詳しい情報は、下記PDFをご覧ください。
「第9回 伊藤伸二・吃音ワークショップ」案内
[PDF 0.2MB]

 コロナの影響を受け、2021年1月のワークショップは中止になったので、2年ぶりの東京でのワークショップです。毎回、ひとりのどもる人の人生に深く共感し、場を支える参加者とともに、豊かな時間を味わっています。人とのつながりを再確認できる場でもあります。人生の途中で少し立ち止まって、吃音について、自分について、人生について、考える時間をもつことは、意味あることだと思います。ご一緒できれば幸いです。
 今後のコロナの状況で、開催が難しくなることも考えられます。ホームページなどでご確認下さい。中止になった場合、お申し込みいただいた方にはご連絡します。


※これまでの東京吃音ワークショップにつき、ぜひ下記ページをご覧下さい。
日本吃音臨床研究会公式サイト「東京ワークショップとは」ページ





# by osp_blog | 2021-11-01 12:28 | その他イベント

JSP年報第25号『吃音の当事者研究』を紹介します 

 この書籍は、大阪吃音教室の当事者研究の講座や、新・吃音ショートコース、伊藤伸二・吃音ワークショップin東京、親・教師・言語聴覚士のための吃音講習会など、さまざまな場で、伊藤伸二と対談したり、伊藤のインタビューに答えたり、どもる人が自ら語ったり、それを支える参加者が自分の思いを伝えたり、生の声が行き交い、笑いが起こり、思わず涙したり、そんな人間の当たり前の営みが凝縮された時間を再現した冊子です。
 掲載されているのは、9編の当事者研究です。体験はひとりひとり違いますが、それは普遍的で、生身のどもる人間が、「どもりながら豊かに生きる」を、見事に提示しています。
 ことばは、自分と他者をつなぐ大切なものだと、ことばの持つ力を信じさせてくれます。

・JSP年報第25号『吃音の当事者研究』
JSP年報第25号『吃音の当事者研究』を紹介します _c0191808_14313034.jpg
・編著:伊藤 伸二
・出版:日本吃音臨床研究会
・定価:1,000円(税込み)

※ご希望の方は、郵便振替で 1,000円をご送金下さい。送料当方負担でお送りします。
   郵便振替口座:00970-1-314142
   加入者名:日本吃音臨床研究会


参考URL:
大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)公式サイト
同上「出版物紹介」ページ
同上「JSP年報第25号」紹介ページ



# by osp_blog | 2021-10-25 11:16 | OSP紹介

【告知】2021年度「ことば文学賞」受賞発表を10月の例会で 

2021年度・第24回「ことば文学賞」受賞発表10月29日(金)に大阪吃音教室例会で行います。

 大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)では、毎年、ことばや吃音についての文学作品を、「ことば文学賞」と銘打って懸賞募集して来ました。応募作品は、体験記、エッセイ、吃音論、詩など、広いジャンルの文章を対象としています。
 2021年度は初めて、あらかじめテーマを設けて募集しました。募集テーマは《吃音と家族》でした。締切りの8月末日までに9作品が集まり、厳正な審査を行って受賞作品を決定しました。

 どもる現実から逃げずに、真摯に吃音と向き合い、自分を見つめ直している人たちの体験談は、吃音とともに豊かに生きようとする人々を勇気づける力があります。どもる成人の方々、どもる人のご家族、どもる人の支援に取り組んでいる方々のご参加をお待ちいたします。

【日 時】2021年10月29日(金) 18:30~20:45
【例会タイトル】吃音体験を味わう ~2021年度「ことば文学賞」受賞発表~」
【参加費】一回 300円
     (初回は別途、初参加資料代1700円)
     ※初参加者に付添いで参加される方は無料です。
【会 場】アネックスパル法円坂

・JR環状線「森ノ宮」から西へ 800m
・大阪メトロ「森ノ宮」2番出口から西へ 500m
・大阪メトロ「谷町4丁目」10番または11番出口から東へ 500m


※なお、この日を含む大阪吃音教室例会の年間スケジュールを、下記でご確認いただけます。
大阪吃音教室例会 年間スケジュール(2021年度後期)

※参考記事
・当ブログ「2021年度「ことば文学賞」作品募集」記事



# by osp_blog | 2021-09-18 17:56 | OSP紹介