人気ブログランキング |

大阪吃音教室の例会は、申し込み不要です 

大阪吃音教室の例会に参加するのに、事前の申し込みや連絡は不要です。

ただ、年に約10回、休みの週があります。初参加される前に、年間スケジュールを確かめ、例会を開催している日にご参加ください。

【日時、参加費、会場アクセスなど】
・大阪吃音教室公式サイト「吃音教室へのお誘い」ページ 「案内」欄

※同じページの前半部分では、「吃音と上手につき合うための三つの柱」など、大阪吃音教室の方針や例会の概略の内容を紹介しています。


More

# by osp_blog | 2021-01-01 01:00 | OSP紹介

このブログを訪問された皆さんへ 

このブログでは、原則として「投稿日」をイベント当日の日付とします。
たとえば大阪吃音教室例会の報告を、例会当日の日付で掲載します。
※今日まだ報告が載っていない例会の記事が、何週間か(時には何ヶ月か)あとに掲載される、なんてこともあります。そんなわけですから、このブログを時々覗いてみて下さい。
※RSSによる更新情報は、もちろん、実際に投稿した日時に送信されます。(笑)

# by osp_blog | 2021-01-01 00:00 | OSP紹介

「吃音川柳」例会を8月に開講します

今期「吃音川柳・短歌」例会を、8月第3週に開講します。

 大阪吃音教室では、今年度「ことば文学賞」の応募締切および受賞発表を、当初予定の6月から11月に大幅延期しました。吃音川柳・短歌についても同様です。
 他の例会日程とも調整の上で、例年実施して来た「吃音川柳・短歌」例会を、8月第3週に開講します。

【日 時】2020年8月21日(金) 18:30~20:45
【例会タイトル】「吃音川柳・短歌をつくろう
【参加費】一回 300円
     (初回は別途、初参加資料代1700円)
     ※初参加者に付添いで参加される方は無料です。
【会 場】アネックスパル法円坂

・JR環状線「森ノ宮」から西へ 800m
・大阪メトロ「森ノ宮」2番出口から西へ 500m
・大阪メトロ「谷町4丁目」10番または11番出口から東へ 500m


※なお、今年度の開講延期に伴い、例会の年間スケジュールを今後も変更する可能性があります。変更内容は、決定の都度、下記ページに反映いたします。
大阪吃音教室例会 年間スケジュール

※参考記事
・当ブログ「今年度「ことば文学賞」作品募集」記事(吃音川柳・短歌)



# by osp_blog | 2020-07-13 12:01

今年度「文章教室」例会を7月に開講します 

今期「文章教室」例会を、7月第3週に開講します。

 大阪吃音教室では、今年度当初は5月第1週に「文章教室」例会を予定していました。その後、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、4月と5月のすべての例会を休講しました。
 また一方、今年度「ことば文学賞」の応募締切および受賞発表を、当初予定の6月から11月に大幅延期しました。
 この2点を考慮し、他の例会日程とも調整の上で、例年実施して来た「文章教室」例会を、7月第3週に開講します。

【日 時】2020年7月17日(金) 18:30~20:45
【例会タイトル】「自分の吃音体験を綴る ~文章教室~」
【参加費】一回 300円
     (初回は別途、初参加資料代1700円)
     ※初参加者に付添いで参加される方は無料です。
【会 場】アネックスパル法円坂

・JR環状線「森ノ宮」から西へ 800m
・大阪メトロ「森ノ宮」2番出口から西へ 500m
・大阪メトロ「谷町4丁目」10番または11番出口から東へ 500m


※なお、今年度の開講延期に伴い、例会の年間スケジュールを今後も変更する可能性があります。変更内容は、決定の都度、下記ページに反映いたします。
大阪吃音教室例会 年間スケジュール

※参考記事
・当ブログ「今年度「ことば文学賞」作品募集」記事



# by osp_blog | 2020-06-24 09:02 | OSP紹介

2020年度の吃音講習会および吃音親子サマーキャンプを中止します 


2012年から毎年夏に開催して来た「吃音講習会」を、2020年度は中止します。
毎年欠かさず、2019年度に30周年を迎えていた「吃音親子サマーキャンプ」も、2020年度は中止します。

・昨年までの「吃音講習会」については、「吃音講習会」公式ホームページをご覧ください。
・昨年までの「吃音親子サマーキャンプ」については、日本吃音臨床研究会 公式ホームページ「吃音親子サマーキャンプ」ページをご覧ください。





More

# by osp_blog | 2020-06-24 04:37 | その他イベント

【報告】2020年度の大阪吃音教室を開講しました 

 2020年度の大阪吃音教室を、06.05(金)に開講しました。
 この日はサプライズゲストとして落語家の桂文福(かつら ぶんぶく)師匠を迎え、にぎやかに開講式をおこないました。翌週の6月12日(金)から、例年に近い内容で例会を実施します。

【日 時】2020年6月12日(金) 18:30~20:45
【例会タイトル】「気持ちのよいやりとりをするために ~交流分析~」
【参加費】一回 300円
     (初回は別途、初参加資料代1700円)
     ※初参加者に付添いで参加される方は無料です。
【会 場】アネックスパル法円坂

※今年度から例会会場が変わっています。
・JR環状線「森ノ宮」から西へ 800m
・大阪メトロ「森ノ宮」2番出口から西へ 500m
・大阪メトロ「谷町4丁目」10番または11番出口から東へ 500m

【報告】2020年度の大阪吃音教室を開講しました _c0191808_14521081.jpg

※なお、今年度の開講延期に伴い、当初予定していた年間スケジュールを一部変更して開講しています。変更内容は、決定の都度、下記ページに反映いたします。
大阪吃音教室例会 年間スケジュール


# by osp_blog | 2020-06-01 13:11 | OSP紹介

2020年度「ことば文学賞」の応募作品を募集します 

2020年度・第23回「ことば文学賞」

 大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)では、毎年、ことばや吃音についての文学作品を、「ことば文学賞」と銘打って懸賞募集して来ました。応募作品は、体験記、エッセイ、吃音論、詩など、広いジャンルの文章を対象としています。
 今年度は、受賞作品発表を『新生』11月号の紙上で行います。

 「ことば文学賞」の応募資格は、「大阪スタタリングプロジェクト」会員、「日本吃音臨床研究会」会員です。応募者が、どもる人であるかどうかは問いません。
 「ことば文学賞」の審査は厳正です。応募された全作品の、執筆者名を伏せた原稿を、統一したフォーマットで印刷。審査員はその作品集を読んで審査します。受賞3作品の執筆者には、最高3万円の図書カードと副賞が贈呈されます。

 また、受賞作品を、OSP機関紙『新生』紙上とOSP公式ホームページで公開します。入賞を逃した応募作品も、一部は『新生』紙上で紹介します。

2020年度・第23回「ことば文学賞」応募原稿・募集要項(抜粋)
◇作品内容:「ことば」「吃音」をテーマにした、体験記、エッセイ、詩などの文章。
◇作品規定:応募は1人1点。本文400字詰め原稿用紙10枚以内。
 作品には、タイトル、氏名(ふりがな)、年令、職業を明記。
 未発表のオリジナル作品限定。著作権は主催者に帰属。
◇賞品:最優秀賞1作品に図書券3万円。優秀賞2作品に図書券1万円。
◇応募資格:大阪スタタリングプロジェクト会員、日本吃音臨床研究会会員
◇応募締切:2020年10月31日(土)当日消印有効(メールは当日発信有効)
◇受賞発表:2020年11月21日(土)発行の『新生』11月号で発表
◇主催:大阪スタタリングプロジェクト ◇協賛:日本吃音臨床研究会
◇応募先:[郵送先]〒583-0012 藤井寺市道明寺 5-2-5 東野晃之
 [メールアドレス]file@osaka-kitsuon.com

「吃音川柳」「吃音短歌」を同時募集(要項抜粋)
◇作品内容:「ことば」「吃音」をテーマにした川柳、短歌。
◇作品規定:応募は1人5編まで。氏名(ニックネーム併記可)、年令、職業を明記。
◇賞品:最優秀賞 図書券3千円 入選作 図書券進呈。
◇選者:川柳 松本進、短歌 瀬戸内光さん(山口県歌人協会事務局長)
◇応募資格、応募締切、受賞発表、主催、協賛、応募先:「ことば文学賞」と共通

※これまでの「ことば文学賞」受賞作品、今年度募集要項の詳細などを、下記ページで公開しています。
大阪吃音教室 公式サイト「ことば文学賞」各年度受賞作品ページ
同サイト「ことば文学賞 」2019年度受賞3作品ページ
同サイト「ことば文学賞 」2020年度応募作品・募集要項


[2020.06.24 追記]今期「文章教室」例会を下記日程で開講します。
07.17(金) 「自分の吃音体験を綴る ~文章教室~」
※年度当初の予定を変更
大阪吃音教室 公式サイト「年間スケジュール」ページ(6月以降)




# by osp_blog | 2020-06-01 12:51 | OSP紹介

機関紙『新生』4月号・5月号の発送を中止します 

大阪吃音教室では、機関紙『新生』4月号・5月号の発送を中止します。

 新型コロナウイルス感染拡大の状況が悪化し、「緊急事態宣言」が全国に拡大。期間が延長されました。これに伴い、引き続き政府による外出自粛要請が出ています。
 大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)は、機関紙『新生』4月号に続いて、5月号も発送を中止します。




# by osp_blog | 2020-05-10 00:00 | OSP紹介

『どもる子どもとの対話』の読後感想文を掲載しています 

 2018年12月、金子書房から『どもる子どもとの対話 ~ナラティヴ・アプローチがひきだす物語る力~』を出版しました。
 吃音(どもり)への誤解をほぐし、吃音とともに生きる子どもたちの姿を伝える本として好評を頂き、たくさんの方々に読まれて来ました。この本の第2章に収録された実践に携わった、各地の「ことばの教室」教員4人が、この書籍の編集にかかわった経験を寄せているほか、いくつかの読後感想が集まって来ています。それらを今後、同書籍 読後感想紹介ページ で順次紹介します。
 ぜひご一読ください。


 「吃音に対する否定的な物語」を書き換えることが大切だとする、ナラティヴ・アプローチ。
 そのために、子どもと親、子どもとことばの教室の担当者や言語聴覚士に、どのような対話が必要か、ニュージーランドの大学院でナラティヴ・アプローチを学んだ臨床心理士の国重浩一さんと、吃音を生きる子どもに同行する教師・言語聴覚士の会の仲間たちがディスカッションして作り上げた本です。どもる大人のナラティヴが変わった体験も、多数紹介しています。
 どもる大人にとっても、より豊かに生きるためのヒントが満載です。


『どもる子どもとの対話 ~ナラティヴ・アプローチがひきだす物語る力~
『どもる子どもとの対話』の読後感想文を掲載しています _c0191808_14030098.jpg
・編著:伊藤 伸二&国重 浩一
・出版:金子書房(2018.12)
・定価:2,420円(消費税10%含む)
・ISBN:978-4-7608-2843-2

※ご希望の方は、郵便振替で 2,420円をご送金下さい。送料当方負担でお送りします。
   郵便振替口座:00970-1-314142
   加入者名:日本吃音臨床研究会


参考URL:
大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)公式サイト
同上「出版物紹介」ページ
同上『どもる子どもとの対話』概要ページ
同上『どもる子どもとの対話』読後感想ページ

[2020.05.25追記]本書の記載内容の図解を、1章と5章について掲載しました。
同上『どもる子どもとの対話』各章図解ページ




More

# by osp_blog | 2020-05-05 14:43 | OSP紹介

大阪吃音教室の新年度開講を、6月初めに延期します 

大阪吃音教室の開講日を延期します。

 大阪吃音教室の2020年度の開講を、6月初めの06.05(金)に延期します。

 大阪吃音教室では、04.10(金)に新年度の開講を予定していました。しかしながら現在、新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、当団体としましても、感染予防の対策を取ることが必要と判断しました。
 開講の延期は、大阪府のイベント自粛要請(5月末まで)に合わせます。新年度初回の例会は、次の通りです。

【日 時】2020年6月5日(金) 18:30~20:45
【例会タイトル】「気持ちのよいやりとりをするために ~交流分析~」
【参加費】一回 300円
     (初回は別途、初参加資料代1700円)
     ※初参加者に付添いで参加される方は無料です。
【会 場】アネックスパル法円坂

・JR環状線「森ノ宮」から西へ 800m
・大阪メトロ「森ノ宮」2番出口から西へ 500m
・大阪メトロ「谷町4丁目」10番または11番出口から東へ 500m


※なお、この度の開講延期に伴い、年度当初に予定していた例会の年間スケジュールを、今後変更する可能性があります。変更内容は、決定の都度、下記ページに反映いたします。
大阪吃音教室例会 年間スケジュール

[追記 2020.05.05]このページでは、予定開講時期を一旦は05.08(金)とお伝えしました。その後、緊急事態宣言とイベント自粛要請の期間延長に伴い、開講予定時期を変更した次第です。



# by osp_blog | 2020-05-05 00:00 | OSP紹介