人気ブログランキング | 話題のタグを見る

大阪吃音教室の例会は、申し込み不要です 

大阪吃音教室の例会に参加するのに、事前の申し込みや連絡は不要です。

ただ、年に約10回、休みの週があります。初参加される前に、年間スケジュールを確かめ、例会を開催している日にご参加ください。

【日時、参加費、会場アクセスなど】
・大阪吃音教室公式サイト「吃音教室へのお誘い」ページ 「案内」欄

※同じページの前半部分では、「吃音と上手につき合うための三つの柱」など、大阪吃音教室の方針や例会の概略の内容を紹介しています。


More

# by osp_blog | 2023-01-01 01:00 | OSP紹介

このブログを訪問された皆さんへ 

このブログでは、原則として「投稿日」をイベント当日の日付とします。
たとえば大阪吃音教室例会の報告を、例会当日の日付で掲載します。
※今日まだ報告が載っていない例会の記事が、何週間か(時には何ヶ月か)あとに掲載される、なんてこともあります。そんなわけですから、このブログを時々覗いてみて下さい。
※RSSによる更新情報は、もちろん、実際に投稿した日時に送信されます。(笑)

# by osp_blog | 2023-01-01 00:00 | OSP紹介

第5回 新・吃音ショートコース「吃音哲学 ~吃音の豊かな世界への招待~」のお知らせ 

 新型コロナウイルスは、医療、教育、福祉、経済、文化、スポーツなど、様々な分野に大きな影響を与えました。私たちも、この2年間、すべての活動がストップしましたが、今年は、3年ぶりに、吃音講習会も、吃音親子サマーキャンプも開催しました。改めて、直接に出会って、相手の表情を見ながら、やりとりをすることの大切さを感じました。
 この間、私たちは、新型コロナウイルスとのつき合い方を学んできました。特徴を把握することができるようになってきたのです。吃音は、新型コロナウイルスのように未知なものではありません。長年の研究・臨床が進んで、対処法は明らかです。これまで学んできた、論理療法、アサーション・トレーニング、交流分析、認知行動療法、ゲシュタルト療法、当事者研究、内観、建設的な生き方、トランスパーソナル、からだとことばのレッスン、笑いとユーモア、サイコドラマなどをもとに、日常生活に、これからの人生設計に、また、どもる子どもの支援にどう活かすかを探っていくことが、今できることであり、しなければならないことなのです。
 新・吃音ショートコースは、現在、どもることで困っていることだけでなく、こう考え、こう取り組めば、より楽しくより豊かに生きることができるという視点から、生活や人生を見つめ直す場にできればと考えています。吃音を切り口にして、生きることを考えていきます。それが「吃音哲学」なのです。
 最初からきちんとしたプログラムができているわけではありません。とりあえずのおおざっぱな流れはあるものの、参加者の希望や要望で、柔軟に企画します。
 今、ここで感じたことを率直に出し合い、対話を通して自分に気づき、他者に気づいていく、そんな時間を共有していただければと思います。
 事前に希望、要望、提案をしていただければ、それに沿ったプログラムを組み立てます。直(じか)の出会いの中で、自分のこと、グループのこと、どもる子どもへの支援のあり方など、生活、人生を振り返り、今後の展望を考えましょう。


第5回 新・吃音ショートコース「吃音哲学 ~吃音の豊かな世界への招待~」
日時:2022年10月08日(土)・09日(日)
会場:寝屋川市立市民会館

  〒572-0848 寝屋川市秦町41-1 TEL 072-823-1221
  最寄り駅:京阪電鉄「寝屋川市駅」駅 東口下車後、徒歩15分


参加費:5,000円
・研修費です。宿泊費、食事代は各自ご負担ください。
※参加費は、当日、受付でお支払いください。
※宿泊の場合のホテルは、各自でご予約下さい。寝屋川市駅近くにもありますが、大阪市内、枚方市内でも便利です。

申込み・問合せ先:日本吃音臨床研究会
   〒572-0850 寝屋川市打上高塚町1-2-1526
   TEL/FAX 072-820-8244

※「第5回 新・吃音ショートコース」のより詳しい内容については、下記PDFをご覧ください。
☆「第5回 新・吃音ショートコース」案内

参加申し込み方法
「第5回 新・吃音ショートコース」に参加ご希望の方は、(1)氏名 (2)住所 (3)電話番号 (4)所属 (5)プログラムについての希望や要望 (6)吃音に関する質問 を下記用紙(PDF)にご記入の上、日本吃音臨床研究会までFAXまたは郵送してください。
☆「第5回 新・吃音ショートコース」参加申し込み用紙

# by osp_blog | 2022-09-11 00:32 | OSP紹介

2022年度「吃音と就職Q&A」の例会動画をご覧ください 

2022年4月22日(金)の例会で、会員の奥田紗穂さんの質問に伊藤伸二さんが回答した「吃音と就職Q&A」の動画8本を、大阪吃音教室の公式ホームページに掲載しています。
動画のタイトルは「入学時から始まる就職活動」「学童期から始める仕事の話」「学校の就職セミナーの活用」「自分の強みの育成」「自分の吃音を語る力」「自分が納得できる人生」「好きな道で苦労をする」「吃音理解を求める前に」です。
どうぞご覧ください。

2022.04.22(金) 「吃音と就職Q&A」例会
2022年度「吃音と就職Q&A」の例会動画をご覧ください _c0191808_07454984.jpg

OSP公式ホームページの動画記録ページには、過去の「吃音Q&A」例会の収録動画のほか、普段の例会の様子も収録されています。

2019.04.12(金)「吃音Q&A」例会動画
「人前で話す前の心構え」「どもりは面接に不利?」「100万人が悩んでいる?」など
2018.04.13(金)「吃音Q&A」例会動画
「魅力的などもり」「対人関係と吃音」「どもる人の武器」など
2017.11.10(金)「吃音Q&A」例会動画
「どもりと不安」「不安への対処」「緊張とのつき合い方」「事前練習の効果」など
2017.04.14(金)「吃音基礎知識」例会動画
「どもる原因」「どもりは治る?」「どもりの波」「どもりと障害」など

「吃音キャラクター」
2018.06.08(金) 「吃音キャラクターを作ろう」例会動画
「言語関係図」
2018.04.27(金) 「自分のどもりの課題を知る」例会動画
「吃音チェックリスト」
2018.04.20(金) 「自分のどもりの課題を分析する」例会動画

年3回、日曜に開かれる「吃音を考える会」の記録も、一部ご覧いただけます。
「竹内敏晴さんから学んだ、からだとことばのレッスン」
2016.10.02(日) 「吃音を考える会」例会動画

OSP会員が吃音体験をつづった「ことば文学賞」応募作品の朗読も、このページでご覧いただけます。
「ことば文学賞」作品動画



# by osp_blog | 2022-07-10 07:56 | OSP紹介

JSP年報第26号『竹内敏晴の世界』を紹介します 

 竹内敏晴さんのことは、これまで何度も「新生」や「スタタリング・ナウ」で紹介してきました。竹内さんは、2009年にお亡くなりになりましたが、大阪吃音教室の定番講座「どもる人のからだとことばのレッスン」の講師として10年間、年に一度、来ていただいていました。「どもる人」のための特別なレッスンではなく、言語訓練に代わる「日本語のレッスン」として、私たちが楽しく取り組んでいたものです。
 時は流れ、竹内さんを知らない人も増えました。レッスンを受けたいと思ってもかないません。この冊子は実際にレッスンの場で起こったことを、話し、書いたものが中心です。実際に参加経験のない人にとっても、想像力を働かせれば、豊かな竹内敏晴さんの世界を感じ取っていただけると思います。貴重な、レッスンの場での生の声に触れていただければ幸いです。

 新型コロナウイルスで生活を壊され、ロシアのウクライナ侵攻という、これまで経験したことのない試練の時代を私たちは生きています。対話の大切さが今ほど言われる時代はありません。この時代だからこそ、「竹内敏晴」は必要でした。編集の過程で、改めて私たちも「竹内敏晴」と再び出会う幸せを味わいました。皆様のからだにも、少しでも、「竹内敏晴」の声が届くことを願っています。


・JSP年報第26号『竹内敏晴の世界 ~竹内レッスンで起こっていること~
JSP年報第26号『竹内敏晴の世界』を紹介します _c0191808_11482723.jpg
・編著:伊藤 伸二
・出版:日本吃音臨床研究会
・定価:1,000円(税込み)

※ご希望の方は、郵便振替で 1,000円をご送金下さい。送料当方負担でお送りします。
   郵便振替口座:00970-1-314142
   加入者名:日本吃音臨床研究会


参考URL:
大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)公式サイト
同上「出版物紹介」ページ
同上「JSP年報第26号」紹介ページ



# by osp_blog | 2022-07-07 11:50 | OSP紹介