人気ブログランキング | 話題のタグを見る

【緊急のお知らせ】大阪吃音教室を再開します 

大阪吃音教室を6月25日(金)から再開します。
 大阪府の「新型コロナウイルス まん延防止等重点措置」と、それに続く緊急事態宣言が解除されました。これを受けての判断です。

[2021.04.10 告知]
2021年度の大阪吃音教室を、4月16日(金)から5月5日(水)まで休講します。
 大阪府の「新型コロナウイルス まん延防止等重点措置」を受けての判断です。
[04.24 追記]大阪吃音教室の休講を、5月11日(火)まで延長します。
 大阪府の緊急事態宣言が4月25日(日)から発出されます。これを受けての判断です。
[05.08 追記]大阪吃音教室の休講を、5月31日(月)まで延長します。
[06.03 追記]大阪吃音教室の休講を、6月20日(日)まで延長します。

※今後も休講やスケジュール変更が発生することが予想されます。変更内容は、下記ページに反映いたします。ご参加の際は事前にご確認いただければ幸いです。
大阪吃音教室例会 年間スケジュール




# by osp_blog | 2022-01-02 00:00

大阪吃音教室の例会は、申し込み不要です 

大阪吃音教室の例会に参加するのに、事前の申し込みや連絡は不要です。

ただ、年に約10回、休みの週があります。初参加される前に、年間スケジュールを確かめ、例会を開催している日にご参加ください。

【日時、参加費、会場アクセスなど】
・大阪吃音教室公式サイト「吃音教室へのお誘い」ページ 「案内」欄

※同じページの前半部分では、「吃音と上手につき合うための三つの柱」など、大阪吃音教室の方針や例会の概略の内容を紹介しています。


More

# by osp_blog | 2022-01-01 01:00 | OSP紹介

このブログを訪問された皆さんへ 

このブログでは、原則として「投稿日」をイベント当日の日付とします。
たとえば大阪吃音教室例会の報告を、例会当日の日付で掲載します。
※今日まだ報告が載っていない例会の記事が、何週間か(時には何ヶ月か)あとに掲載される、なんてこともあります。そんなわけですから、このブログを時々覗いてみて下さい。
※RSSによる更新情報は、もちろん、実際に投稿した日時に送信されます。(笑)

# by osp_blog | 2022-01-01 00:00 | OSP紹介

【開催中止】2021年度「吃音講習会」の開催を中止します 

2021年度「親、教師、言語聴覚士のための吃音講習会」開催中止のお知らせ
 まさか2年連続で、同じような文面でお知らせを掲載することになろうとは思ってもいませんでした。下記日程で開催予定だった吃音講習会の中止を決定しました。
  第9回 親、教師、言語聴覚士のための吃音講習会
  どもる子どもとの対話 ~健康生成論的アプローチ~

    ◇日時 2021年8月7・8日(土・日)
    ◇場所 愛知県岩倉市生涯学習センター


 開催予定の8月上旬の新型コロナウイルスの感染状況がどうなのかまだ分かりません。国がオリンピック・パラリンピックを開催しようとしているのだから、私たちも開催できるのかもしれません。しかし、全国から参加者が、公共交通機関を利用して集まる研修でもあり、リスクはやはり大きいと判断しました。研修の場がなくて困っているという声を聞いていたので、なんとか開催したかったのですが、とても残念です。

 吃音は、未だに原因も解明できず、有効な治療法も開発されていません。そうした中で、私たちは子どもたちと吃音について学び、吃音のこと、どもる自分のこと、日常生活での苦戦にどう対処するかなどについて、対話を続けてきました。
 今、大災害などによるトラウマやストレス、先の見えない不安などに対し、これまでの病気の原因を追及し、原因を除去することで病気を治す「疾病生成論」の考えでは立ち行かなくなりました。そこで、大変な状況の中でも健康に生きる人の要因を探る「健康生成論」が注目されています。健康状態を維持し続けた人々に共通していたのが、「把握可能感(わかる)」、「処理可能感(できる)」、「有意味感(意味がある)」の感覚でした。この三要素がバランスよく発達することが、重要だと指摘されています。どもる子どもがこれからのストレスが多い社会を生き抜くには、この3つの感覚を育てることが大切だといえるでしょう。ことばの教室や言語指導室での新しい吃音の臨床の展望を、健康生成論によって探っていきたいと考えています。
 また、子どもとの対話、レジリエンス、ナラティヴ・アプローチ、当事者研究など、これまでの講習会で考えてきたことを、初めての方が理解できるように、丁寧に整理していきたいと考えていました。どもる子どもと一緒に取り組める、楽しくそして豊かな実践を、みなさんと考えていきたいと思っていました。この思いを次回につなげていきます。

 感染状況にもよりますが、秋以降に、開催できるようならば、ホームページでお知らせします。
 どうぞ、コロナ対策と、熱中症対策を怠りなく、お元気でお過ごし下さい。

吃音講習会事務局長 栃木県宇都宮市立宝木小学校 高木浩明
吃音講習会実行委員長 愛知県岩倉市立岩倉東小学校 奥村寿英

    ☆吃音講習会 公式ホームページ

 どもる子どもたちと共に生きるみなさまへ
 今回のコロナ下での足踏み状況は、50年以上にわたる実践の中で考えてきたことを整理し、まとめていく時間を与えられたのだと思い、ブログ、Twitter、Facebookで発信を続けています。日本吃音臨床研究会のホームページのトップページに、(ブログの内容を転記した)Facebookが埋め込まれています。この機会にぜひご覧下さい。
日本吃音臨床研究会 伊藤伸二
    ☆伊藤伸二の吃音(どもり)相談室




# by osp_blog | 2021-07-07 10:26

【開催中止】2021年度「吃音親子サマーキャンプ」は中止します 

2021年度「吃音親子サマーキャンプ」中止のお知らせ
 二年続けて、同じようなお知らせを掲載することになろうとは思ってもみませんでした。

 残念なお知らせをしなければなりません。今年の吃音親子サマーキャンプは、中止にいたします。
 8月のその頃は、コロナの状態も落ち着いていて開催できないことはないことになるかもしれません。国がオリンピックやパラリンピックを開催するのだから、サマーキャンプも開催してもいいのかもしれません。しかし、オリンピックやパラリンピックの開催によって感染拡大につながる可能性も報じられています。サマーキャンプの参加者は全国から集まり、2泊3日の長い時間、濃厚な接触になります。また、ことばの教室担当者や言語聴覚士などのスタッフの確保も困難かもしれません。開催することのリスクは大きすぎると判断しました。
 昨年は、仕方がないと一年間待っていただいた方、今年こそというお気持ちだったことと思います。私たちも同じで、なんとか開催できないか検討を重ねました。開催は難しいかもと思いながらも、少しは期待しておられた方も大勢おられたことでしょう。私たちも、なんとか開催したいと、今日までぎりぎりまで粘りましたが、そろそろ決断しなくてはいけない時期になりました。
 来年こそ、ワクチン接種も広がり、開催できるのではないだろうかと期待しています。後一年、お待ちください。

 こんなときだからこそと思い、昨年からがんばっている、ブログ、Twitter、Facebookでの発信は続けています。ご覧いただければうれしいです。皆さんが購読して下さっているニュースレター「スタタリング・ナウ」は、しっかり発行していきますので、お読み下さい。
 どうぞ、コロナ対策と、熱中症対策を怠りなく、お元気でお過ごし下さい。

2021年6月24日 日本吃音臨床研究会 伊藤伸二

※これを機会に、ぜひ下記のブログをご覧ください。
☆伊藤伸二の吃音(どもり)相談室




# by osp_blog | 2021-06-25 13:03