このブログを訪問された皆さんへ 

このブログでは、原則として「投稿日」をイベント当日の日付とします。
たとえば大阪吃音教室例会の報告を、例会当日の日付で掲載します。
※今日まだ報告が載っていない例会の記事が、何週間か(時には何ヶ月か)あとに掲載される、なんてこともあります。そんなわけですから、このブログを時々覗いてみて下さい。
※RSSによる更新情報は、もちろん、実際に投稿した日時に送信されます。(笑)
[PR]

# by osp_blog | 2019-01-01 02:00 | OSP紹介

大阪吃音教室の例会は、申し込み不要です 

大阪吃音教室の例会に参加するのに、事前の申し込みや連絡は不要です。

ただ、年に約10回、休みの週があります。初参加される前に、年間スケジュールを確かめ、例会を開催している日にご参加下さい。

【日時、参加費、会場アクセスなど】
・大阪スタタリングプロジェクト「吃音教室へのお誘い」ページ 「案内」欄

※同じページの前半部分では、「吃音と上手につき合うための三つの柱」など、大阪吃音教室の方針や例会の概略の内容を紹介しています
[PR]

# by osp_blog | 2019-01-01 01:00 | OSP紹介

「どもる体」トークイベントのお知らせ 

 おもしろい本が出版されました。
 伊藤亜紗さんというどもる人が、OSP会員の藤岡千恵さんや東大大学院の山田舜也さんなど複数のどもる人にインタビューして書かれた、どもりの身体論『どもる体』という本です。

※医学書院≪シリーズ ケアをひらく≫
 伊藤 亜紗『どもる体』
 2018年06月刊、定価 2,160円、ISBN:978-4-260-03636-8


 その出版を記念して、作者の伊藤亜紗さんの講演と、その後でゲストとしてOSPの伊藤伸二が呼ばれ、話し合うことになっています。
 おもしろいイベントになりそうです。ぜひ、ご参加下さい。

伊藤亜紗『どもる体』(医学書院)刊行記念
 講演&トークイベント
やっぱり「しゃべれるほうが、変。」だよね!
日時:2018年8月11日(土) 13:30~
会場:ロフトプラスワンウエスト

〒542-0084 大阪市中央区宗右衛門町2-3 美松ビル3F
   TEL:06-6211-5592

参加費:前売り ¥2,000 / 当日 ¥2,500
   (飲食代別)※要1オーダー¥500以上


・より詳しくは、ロフトプラスワンウエストの「8月11日」ページをご覧ください。



[PR]

# by osp_blog | 2018-07-14 17:56 | その他イベント

第29回 吃音親子サマーキャンプのご案内 

毎年、北は関東から南は四国、九州、沖縄まで、どもる子どもたちとその兄弟が50名ほど参加する「吃音親子サマーキャンプ」(通称”サマキャン”)を、今年も開催します。

小学生・中学生・高校生のための
第29回「吃音親子サマーキャンプ」

日時:2018年8月17日(金)、8月18日(土)、8月19日
   8月17日 13:00~19日 13:30
会場:滋賀県彦根市荒神山自然の家
〒522-0047 滋賀県彦根市日夏町字宮前4794番地
   TEL:0749-28-1871

参加費:ひとり 16,000円(大人・子ども同額)
   どもる子どものきょうだいは 13,000円


主催:吃音親子サマーキャンプ実行委員会
後援:滋賀県教育委員会
   NHK厚生文化事業団近畿支局
   朝日新聞厚生文化事業団

申し込み締め切り:8月4日(土)
(収容に限りがあり、宿舎が定員になり次第締め切ります)
・お問い合せ、お申込み先:日本吃音臨床研究会
   (TEL/FAX 072-820-8244)

・より詳しくは、日本吃音臨床研究会公式ホームページの「最新ニュース」ページをご覧ください。



[PR]

# by osp_blog | 2018-07-14 14:27 | その他イベント

ことば文学賞作品応募締切延期のお知らせ 

今年度「ことば文学賞」に、ぜひあなたの作品を!

既にご案内していた2018年度・第21回「ことば文学賞」の、作品応募期間を延長します。
新しい締切日は、6月3日(日)です。

 あなたの吃音への思いを、ことばに表現して下さい。

 「ことば文学賞」の応募資格は、「大阪スタタリングプロジェクト」会員、および「日本吃音臨床研究会」会員です。応募者がどもる人であるかどうかは問いません。
最優秀賞1作品に3万円。優秀賞2作品に1万円の賞金を差し上げます。

◇作品内容:「ことば」「吃音」をテーマにした、体験記、エッセイ、詩などの文章。
◇作品規定:応募は1人1点。本文を400字詰め原稿用紙、10枚以内に書いて下さい。
 作品には、タイトル、氏名(ふりがな)、年令、職業 を明記して下さい。
 未発表のオリジナル作品に限ります。応募原稿は返却しません。

◇賞  品:最優秀賞1作品に図書券3万円。優秀賞2作品に図書券1万円。
 ともに、副賞として特製記念盾がつきます。

※これまでの「ことば文学賞」受賞作品は、OSP公式ホームページ「ことば文学賞」ページをご覧下さい。
※とりわけ2017年度の受賞作品は、いずれも職場での三者三様の吃音体験を活写しており、体験談執筆のご参考に最適です。同上「2017年度受賞全作品」ページ

※作品応募の詳細は、第21回「ことば文学賞」応募原稿募集要項・改訂版をご覧下さい。

※まだ会員でない方は、これを機会に入会をご検討ください。これまでに、入会直後に応募された作品の入賞例が、多数あります。
※また、応募以前から会員だった方含め、過去の入賞作品の半数近くが、初応募の作品です。

※「大阪スタタリングプロジェクト」と「日本吃音臨床研究会」については、下記リンク先をご覧ください。
・大阪スタタリングプロジェクト(大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山にお住まいの方)年会費6,000円/入会案内・正会員特典ページ
・日本吃音臨床研究会(上記以外にお住まいの方)年会費5,000円/会の紹介ページお問合せページ


※なお、同時に募集しておりました「吃音川柳」「吃音短歌」は、当初の告知通り5月25日(金)で、ご応募を締め切りました。


[2018.07.14 追記]
2018年度「ことば文学賞」受賞作品は、下記3作品と決まりました。
最優秀賞:椿谷 昌史「もーいいよ
優秀賞:嶺本 憲吾「第3のどもり
優秀賞:西田 逸夫「どもる子はかしこいんやで
※受賞作品は、2018年6月16日、「新・吃音ショートコース」会場で発表しました。3作品は、いずれも「吃音の公表」をテーマとする作品でした。
大阪スタタリングプロジェクト会員向けに、3作品を機関紙『新生』のそれぞれ2018年9月号、10月号、11月号紙上で発表します。また、公式ホームページ「ことば文学賞」各年度受賞作品ページで、2019年春以降に一般公開します。


[PR]

# by osp_blog | 2018-05-25 23:59 | OSP紹介