<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

認知療法・認知行動療法 

タイトル:認知療法・認知行動療法
担当者:西田 逸夫
参加者:18名(初参加者なし)

大阪吃音教室と認知療法との縁は、2006年度の「吃音ショートコース」から始まりました。この年のゲストが、日本での認知療法の第一人者、大野 裕(おおの ゆたか)さんだったのです。

毎年、「吃音ショートコース」の内容は、日本吃音臨床研究会の年報にまとめられます。この年の年報は好評で、発刊後すぐに売り切れてしまいました。
それを再編集して新規の内容も加えたのが、2011年10月に出版された『認知療法・認知行動療法入門』です。
大野 裕・伊藤 伸二共著『ストレスや苦手とつきあうための認知療法・認知行動療法入門』金子書房刊
※OSP公式ホームページ「出版物紹介」ページ
http://www.osaka-kitsuon.com/ospbooks/ospbooks.html
※同上『認知療法・認知行動療法入門』詳細ページ
http://www.osaka-kitsuon.com/ospbooks/book24.html


大阪吃音教室の例会では一度(2010.12.17)臨時に、「認知療法」の時間を設けました。この例会のことはこのブログで記事にしたほか、上記の本でも取り上げられています。
※当ブログ「認知療法で吃音を考える」記事
http://ospblog.exblog.jp/15632636/


この日は、年間スケジュールに組み込まれての認知療法講座としては、第1回目でした。
前半は、認知療法の概略を説明しました。
〇認知療法の基本的考え方
〇認知の2つの層(自動思考とスキーマ)
〇認知の歪みによる悪循環
〇特徴的な認知の歪み
〇問題をすぐに解決できない時の対処法
〇コラム表、など

後半は、参加者の抱える問題について、「コラム表」を実際に使って「その際に浮かんだ自動思考」「適切な考え方」を中心に話し合いました。
[PR]

by osp_blog | 2012-01-27 00:00 | 例会報告

例会スケジュール変更のお知らせ 

大阪吃音教室の2012年2月のスケジュールが、一部変更になります。
・2月3日「一分間スピーチ」→「自分のどもりの問題を分析する」
・2月10日「自分のどもりの問題を分析する」→「一分間スピーチ」

下記ページのスケジュール表も変更しました。
大阪スタタリングプロジェクト公式Webサイト「年間スケジュール」
[PR]

by osp_blog | 2012-01-20 00:00 | OSP紹介

論理療法入門 

タイトル:論理療法入門
担当者:東野 晃之
参加者:19名(うち初参加者1名)

前半は、論理療法の基本的説明、「考え方が変わると感情が変わる」事例などの話をした。
また、「私は人前でうまく話せないから」に続く、考えや行動の選択肢を、参加者全員で考えた。

後半は、この日の初参加者の困り事に焦点を当て、論理療法を用いて問題軽減の方策を考えた。

「私は人前でうまく話せないから」に続く、考えや行動の選択肢
(参加者の発言から)
〇喋るのがうまい人に代わって貰う。
〇別の表現方法を身につける。例えば、文章で発表する。
〇資料を作る。そうすると、安心して話しやすくなるので。
〇黙っている。
〇話す前に、自分がうまく話せないことを伝える。
〇そのままの自分で話す。
〇笑顔で誠実に真剣に話す。
〇前もって話すことを決めて置く。
〇要点を簡潔に言う。
〇吃っても相手に聞き取りやすいようにゆっくり話す。
〇うまく話せるようになるために、人前で話す機会を多く持つ。
〇聴き上手になる。
〇話す以外のことで頑張る。

More
[PR]

by osp_blog | 2012-01-20 00:00 | 例会報告

新春どもりカルタ例会 

2012年の大阪吃音教室は、7年連続、「どもりカルタ」で始まりました。
参加者の声にもありましたが
、よくカルタのネタが続くものです。

タイトル:どもりカルタを作ろう
担当者:溝口 稚佳子
参加者:24名(初参加者なし)


この例会の様子を、伊藤伸二がブログで2回にわたって紹介しています。どうぞご覧下さい。
・伊藤ブログ「伊藤伸二の吃音相談室」
http://www.kituonkokufuku.com/
・同ブログ「どもりカルタで賑やかに大阪吃音教室始まる」記事
http://www.kituonkokufuku.com/archives/1652629.html
・同ブログ「2011年度どもりカルタの読札」記事
http://www.kituonkokufuku.com/archives/1652913.html
[PR]

by osp_blog | 2012-01-13 00:00 | 例会報告