<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

言語関係図 

タイトル:自分のどもりの問題を知る ~言語関係図を通して~
担当者:新見 征一

参加者:19名(うち初参加者1名)

「言語関係図」(下図参照)が、「吃音の悩みの大きさを表す箱」であることを解説。
X軸(吃音症状)、Y軸(聞き手の反応、吃って話すのを聞く態度)、Z軸(吃音についての本人の受け止め方、考え方)それぞれへのアプローチについて考え、Z軸へのアプローチが有効であることを確認した。

休憩の後、参加者全員がそれぞれの「言語関係図」を描き、小グループに別れて話し合った。

c0191808_034463.jpg


More
[PR]

by osp_blog | 2011-10-28 00:00 | 例会報告

「ことば文学賞」受賞作を、OSP公式サイトに掲載しました 

今年度「ことば文学賞」の受賞作を掲載しました。

・「ことば文学賞 2011年度」ページ
http://osaka-kitsuon.com/ospsinsei/bungaku2011.html

※別窓が開き、リンク先が表示されます。(タブブラウザの場合は、新規タブにリンク先が表示されます。)
[PR]

by osp_blog | 2011-10-27 09:51

待ちに待った本が、出版されました 

大野 裕・伊藤 伸二 共著『ストレスや苦手とつきあうための認知療法・認知行動療法 ~吃音とのつきあいを通して~』

・金子書房Webサイト『認知療法・認知行動療法』紹介ページ
http://www.kanekoshobo.co.jp/np/isbn/9784760826360/

※下の画像をクリックすると、大きな画像を見ることが出来ます。
c0191808_10223083.jpg


・大阪スタタリングプロジェクト公式ホームページに、この本を紹介するページを作りました。目次のほとんどを、掲載しています。
http://www.osaka-kitsuon.com/ospbooks/book24.html
※日本吃音臨床研究会への申込み方法を書いています。送料込み2,100円でお送りします。

また、伊藤伸二が個人ブログでこの本を紹介しています。
ぜひご覧下さい。
・伊藤伸二ブログ「吃音と認知行動療法(吃音にとって、画期的な本)が完成」記事
http://www.kituonkokufuku.com/archives/1631268.html
[PR]

by osp_blog | 2011-10-25 00:00 | OSP紹介

吃音恐怖と予期不安への対処 

タイトル:吃音恐怖と予期不安への対処
担当者:東野 晃之

参加者:22名(うち初参加者2名)

前半は、吃音のことに限らず、参加者それぞれがどんな不安を抱えているかを話した。
次に、それぞれの不安について、どう対処しているかを話し、ほかにどのような対処法が考えられるか、話し合った。

後半は、吃音への恐怖について考察した後、前半で話題にした一般的不安へのいろいろな対処法を、吃音恐怖と予期不安にどう応用するかを話し合った。

More
[PR]

by osp_blog | 2011-10-21 00:00 | 例会報告

当事者研究から学ぶ 

タイトル:当事者研究から学ぶ
担当者:東野 晃之

参加者:24名(うち初参加者2名)

前半は、「当事者研究」がテーマだった今年度の「吃音ショートコース」について、参加者の感想をじっくり聞いた。

後半は、一人の参加者の吃音問題を題材に、「当事者研究」を実施した。

More
[PR]

by osp_blog | 2011-10-14 00:00 | 例会報告