カテゴリ:OSP紹介( 33 )

このブログを訪問された皆さんへ 

このブログでは、原則として「投稿日」をイベント当日の日付とします。
たとえば大阪吃音教室例会の報告を、例会当日の日付で掲載します。
※今日まだ報告が載っていない例会の記事が、何週間か(時には何ヶ月か)あとに掲載される、なんてこともあります。そんなわけですから、このブログを時々覗いてみて下さい。
※RSSによる更新情報は、もちろん、実際に投稿した日時に送信されます。(笑)
[PR]

by osp_blog | 2018-01-01 02:00 | OSP紹介

大阪吃音教室の例会は、申し込み不要です 

大阪吃音教室の例会に参加するのに、事前の申し込みや連絡は不要です。

ただ、年に約10回、休みの週があります。初参加される前に、年間スケジュールを確かめ、例会を開催している日にご参加下さい。

【日時、参加費、会場アクセスなど】
・大阪スタタリングプロジェクト「吃音教室へのお誘い」ページ 「案内」欄

※同じページの前半部分では、「吃音と上手につき合うための三つの柱」など、大阪吃音教室の方針や例会の概略の内容を紹介しています
[PR]

by osp_blog | 2018-01-01 01:00 | OSP紹介

2017年度年間スケジュール が決まりました 

大阪吃音教室の2017年度年間スケジュールが決まりました。
下記リンク先でご覧いただけます。

☆大阪吃音教室「年間スケジュール」ページURL
http://osaka-kitsuon.com/ospschedule/ospschedule.html

携帯版のページはこちらです。
☆OSP公式サイト携帯版「年間スケジュール」ページURL
http://osaka-kitsuon.com/m/schedule.html

More
[PR]

by osp_blog | 2017-03-14 10:38 | OSP紹介

第8回「吃音を考える会」開催のお知らせ 

第8回「吃音を考える会」
・2017年2月26日() 13:00~17:00
應典院(おうてんいん)
・参加費:会員 300円、未会員 500円
※大阪吃音教室の参加費については「大阪吃音教室 案内」をご覧ください。
※大阪吃音教室に初参加の方は、資料代1,700円を別途いただきます。

・テーマ
この回は事前にテーマを設けず、当日参加者の皆さんからテーマを募り、吃音について考えます。
吃音について考えたいテーマを持っている方、是非ご参加ください。
聞いて欲しい悩みを抱えておられる方も、普段の例会より時間に余裕がありますので、じっくりとお話をうかがうことができます。


参考URL:
・前回の「吃音を考える会」(2016.10.02「竹内敏晴さんから学んだ、からだとことばのレッスン」)の当日映像
https://www.youtube.com/watch?v=rXWH7ltaQXc


More
[PR]

by osp_blog | 2017-01-20 18:06 | OSP紹介

2016.9.30(金)「臨時特別吃音教室」へのお誘い 

「桂文福さんとともに、どもりについて語ろう」
日時:2016年9月30日(金) 18:45~21:00
会場:應典院(おうてんいん)大阪市天王寺区下寺町1丁目1-27
参加費:300円
※初参加の方は、別途資料代 1,700円

このほど、NHKのEテレ「ハートネットTV」という番組が、落語家の桂文福さんに密着取材することになり、文福さんのご提案で、文福さんが大阪吃音教室の仲間と話している場面を撮影することになりました。
桂文福さんと大阪吃音教室のご縁は2000年、NHK番組「にんげんゆうゆう」に出演していた伊藤伸二をご覧になった文福さんが、伊藤あてに電話を下さったことから始まりました。
ご自分の吃音と向き合い、いろいろなところでカミングアウトされるようになった文福さんは、2000年秋に應典院の「コモンズフェスタ」で吃音をテーマに講演されたり、2003年秋の「吃音ショートコース」に特別ゲストで来て下さったりしました。

2000年NHK「にんげんゆうゆう 仲間がいるから乗り切れる ~吃音~」
c0191808_0583687.jpg

2000年11月、應典院で講演する桂文福さん
c0191808_0532669.jpg

2003年11月、第9回吃音ショートコースで話す桂文福さん
c0191808_045272.jpg


9月30日は、年度当初の予定では吃音教室は休みの日でした。
このたび、桂文福さんからうれしいご提案を頂き、文福さんのご都合のよいこの日に、臨時特別吃音教室を開講することになりました。
ぜひ、この貴重な機会に、大阪吃音教室にお越しください。
[PR]

by osp_blog | 2016-09-21 01:05 | OSP紹介

ことば文学賞作品の動画を公開します 

大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)の長年続いている企画に、「ことば文学賞」があります。
吃音を持つ仲間が、これまで体験を書きつづって来ました。

その作品のいくつかを、執筆者が朗読した動画を、このたび公開いたします。
ぜひ、味わってください。

【ことば文学賞】 どもりは審査委員長
https://youtu.be/e9itwmGMvDk

【ことば文学賞】 世界は、変わる
https://youtu.be/7mlWM1qI-D0

【ことば文学賞】 今は”ぞうさん”の気持ち
https://youtu.be/dprAza-VR88

【ことば文学賞】 新しい道を歩き始めて
https://youtu.be/FjuwISTokJc

※参考 大阪スタタリングプロジェクト「ことば文学賞」ページ
http://www.osaka-kitsuon.com/ospsinsei/bungaku.html
[PR]

by osp_blog | 2016-09-20 11:50 | OSP紹介

2016年度「ことば文学賞」の作品を募集します 

2016年度・第19回「ことば文学賞」応募作品募集

 大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)では、毎年、ことばや吃音についての文学作品を、「ことば文学賞」と銘打って懸賞募集して来ました。応募作品は、体験記、エッセイ、吃音論、詩など、広いジャンルの文章を対象としています。
 あなたの吃音への思いを、ことばに表現して下さい。

 「ことば文学賞」の応募資格は、「大阪スタタリングプロジェクト」会員、「日本吃音臨床研究会」会員です。応募者が吃る人であるかどうかは問いません。
 「ことば文学賞」の審査は厳正です。応募された全作品の、執筆者名を伏せた原稿を、統一したフォーマットで印刷。審査員はその作品集を読んで審査します。受賞3作品の執筆者には、最高3万円の図書カードと副賞が贈呈されます。
 「ことば文学賞」受賞作品の発表は、2016 年 10 月 21 日(金)大阪吃音教室「吃音体験を味わう」例会会場で行います。また、受賞作品を、OSP機関紙『新生』紙上とOSP公式ホームページで公開します。入賞を逃した応募作品も、一部は『新生』紙上で紹介します。
 下記の募集要項にしたがって、ぜひ、あなたの作品をお寄せ下さい。

 なお、“吃音川柳・吃音短歌”も同時募集します。こちらも「ことば文学賞」同様、厳正なる審査にて決定し、大阪吃音教室「吃音体験を味わう」例会会場で受賞作を発表します。吃音川柳・吃音短歌の募集要項はこのページの末尾近くをご覧ください。


「ことば文学賞」応募原稿・募集要項
◆作品内容:「ことば」「吃音」をテーマにした、体験記、エッセイ、詩などの文章。
◆作品規定:応募は1人1点。本文を400字詰め原稿用紙、10枚以内に書いて下さい。
ワープロ原稿なら、1ページ40字×40行で、本文2ページ半以内です。
作品には、タイトル、氏名(ふりがな)、年令、職業 を明記して下さい。
未発表のオリジナル作品に限ります。応募原稿は返却しません。

◆賞  品:最優秀賞1作品に図書券3万円。優秀賞2作品に図書券1万円。
ともに、副賞として特製記念盾がつきます。
◆応募資格:大阪スタタリングプロジェクト会員、日本吃音臨床研究会会員。
◆応募締切:2016年10月07日(金) 当日消印有効。(メールは当日発信有効。)
◆受賞発表:2016年10月21日(金)大阪吃音教室「吃音体験を味わう」例会会場にて発表。
◆主  催:大阪スタタリングプロジェクト ◆協 賛:日本吃音臨床研究会
(応募作品の著作権は、主催者に帰属します。)
◆応 募 先:(郵送先) 〒583-0012 藤井寺市道明寺5-2-5 東野晃之
(メール) file@osaka-kitsuon.com (大阪吃音教室)



「吃音川柳」「吃音短歌」応募原稿・募集要項
◇作品内容:「ことば」「吃音」をテーマにした川柳、短歌。
◇作品規定:応募は1人5編まで。氏名(ニックネーム併記可)、年令、職業 を明記。
未発表のオリジナル作品に限定。著作権は主催者に帰属。
◇応募締切:2016年10月07日(金)当日消印有効。(メールは当日発信有効。)
◇受賞発表:2016年10月21日(金)大阪吃音教室「吃音体験を味わう」例会会場にて発表。
◇応募資格、主催、協賛、応募先:「ことば文学賞」と共通



※これまでの「ことば文学賞」受賞作品を、下記ページで公開しています。
・大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)公式サイト「ことば文学賞」受賞作品ページ
http://www.osaka-kitsuon.com/ospsinsei/bungaku.html

[PR]

by osp_blog | 2016-07-23 17:53 | OSP紹介

2014年度「ことば文学賞」受賞作品を発表しました 

大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)では、毎年、ことばや吃音についての文学作品を、「ことば文学賞」と銘打って懸賞募集して来ました。2005年度からは、毎年秋に開催する「吃音ショートコース」期間中に、ショートコースの会場で授賞式を行っています。
2014年度「吃音ショートコース」は、10月11日(土)~13日(月)、滋賀県高島市にあるアクティプラザ琵琶で開催されました。
応募期間中に13編の作品が集まり、3名が受賞しました。

最優秀賞:東 めぐみ「吃音物語」
優秀賞: 斉 洋之(さい ひろし)「教育実習への挑戦」
優秀賞:西村 芳和「東 京」

上記の受賞作品は、下記ページで公開しています。
・大阪スタタリングプロジェクト(大阪吃音教室)公式サイト「2014年度「ことば文学賞」受賞作品」ページ
http://www.osaka-kitsuon.com/ospsinsei/bungaku2014.html
[PR]

by osp_blog | 2014-10-13 00:00 | OSP紹介

[緊急]ことば文学賞作品応募締切延期のお知らせ 

今年度「ことば文学賞」に、ぜひ作品を!

すでにご案内していた2014年度・第17回「ことば文学賞」に、締切日を過ぎた現在でも、応募作品が少ししか集まっていません。
そこで、応募締切を、大幅に延期します。
新しい締切日は、10月4日()です。

 あなたの吃音への思いを、ことばに表現して下さい。

 「ことば文学賞」の応募資格は、「大阪スタタリングプロジェクト」会員、「日本吃音臨床研究会」会員、および今年度の「吃音ショートコース」に参加される方です。応募者が吃る人であるかどうかは問いません。
最優秀賞1作品に3万円。優秀賞2作品に1万円の賞金を差し上げます。


◇作品内容:「ことば」「吃音」をテーマにした、体験記、エッセイ、詩などの文章。
◇作品規定:応募は1人1点。本文を400字詰め原稿用紙、10枚以内に書いて下さい。
 作品には、タイトル、氏名(ふりがな)、年令、職業 を明記して下さい。
 未発表のオリジナル作品に限ります。応募原稿は返却しません。
◇賞  品:最優秀賞1作品に図書券3万円。優秀賞2作品に図書券1万円。
 ともに、副賞として特製記念盾がつきます。


※これまでの「ことば文学賞」受賞作は、OSP公式ホームページ「ことば文学賞」ページをご覧下さい。

※作品応募の詳細は、第17回「ことば文学賞」応募原稿募集要項・改訂版をご覧下さい。

※同時募集している「吃音川柳」「吃音短歌」の締切りは変更なく、今年度吃音ショートコースの開催初日の10月11日(土)です。「吃音川柳」「吃音短歌」は、ニックネームでの発表は構いませんが、ご応募資格確認のため、本名と、どの応募資格でのエントリーかをメールに明記して下さい。

[PR]

by osp_blog | 2014-09-13 19:35 | OSP紹介

第1回日曜例会のご案内 

今月から、大阪吃音教室の日曜例会を開催します。
お仕事などで、毎週金曜夕方の例会への参加がむつかしい方、OSP(大阪吃音教室)の会員でないけど参加したいという方、遠くにお住まいの方など、歓迎します。
ぜひご参加下さい。


日曜例会 第1回
日時:2014年6月29日(日) 13:00~17:00
例会タイトル:「自分の吃音を語る」
・吃音の悩み、困りごとを出し合い、みんなで考え、話し合います。
会場:應典院(おうてんいん)
大阪市天王寺区下寺町1丁目1-27
・大阪地下鉄堺筋線または近鉄「日本橋」駅(8番出口)から東へ、または大阪地下鉄谷町線「谷町9丁目」駅(3番出口)から西へ5、6分歩くと、「下寺町」(したでらまち)の大きな交差点に出ます。
・その東側の歩道を南に折れると、生國魂(いくたま)神社参道の石の鳥居、少し先に「パドマ幼稚園」の大きな建物、「大蓮寺」の正門があり、そのすぐ南隣りが 應典院(おうてんいん)の入口です。
・数段のステップを上がった左にある、黄色い扉を引いてお入り下さい。


※日曜例会の参加費は、通常の例会と同じです。
※【参加費】一回 300円
※大阪吃音教室に初めて来られる方、3年以上久し振りに参加される方は、別途「初参加資料代」として1700円頂きます。
※OSP(大阪吃音教室)の会員は、参加費300円のみ頂きます。

[PR]

by osp_blog | 2014-06-02 21:18 | OSP紹介