カテゴリ:例会報告( 100 )

「吃音基礎知識」(インタビュー収録)

2017.04.14(金)
タイトル:「吃音基礎知識」(インタビュー収録)
担当:伊藤 伸二・藤岡 千恵
参加者:19人(初参加者なし)

この日の例会は、大阪吃音教室例会での初めての試みとして、インタビューの動画を収録しました。参加者の中から、吃音教室常連の藤岡さんが、伊藤さんに吃音についての基本的な疑問をぶつけ、伊藤さんから回答を引き出しました。
藤岡さんが一つ質問すると、伊藤さんが短くて5分長くて10分近く、時には逆に、藤岡さんに尋ねることなども挟みつつ、吃音をめぐる古くからの話題、最新の情報などを、縦横無尽に語りました。
この日収録した動画は、仲間が編集し、大阪吃音教室の公式ホームページなどで公開します。ご期待ください。


この日、収録された質問を書いておきます。
質問1:吃音の原因は?
質問2:吃音は治るのか?
質問3:吃音の「波」はどうして起こるのか?
質問4:吃音は言語障害なのか?
質問5:最近「吃音は発達障害だ」と言われている。その点はどうか?
質問6:どもる人は人口の1%なのか?
質問7:どもる人は、どんな仕事をしているのか?
質問8:日本語以外でも、人はどもるのか?
質問9:「どもる人にとって日本語は有利」とは、どういうことか?
質問10:吃音と子音(しいん)について
質問11:吃音かどうか分かりにくいケースについて
質問12:吃音を知らない人に、どう説明するか?
[PR]

by osp_blog | 2017-04-14 00:00 | 例会報告

2017年度開講式(ラジオドラマ鑑賞) 

2017.04.07(金)
タイトル:開講式
参加者:21人(初参加者4人)

4月7日、2017年度の大阪吃音教室を開講しました。この日は、初参加の方が4人来られました。皆さん男性でした。
この日は、ラジオドラマを鑑賞する例会でした。なぜ開講式にラジオドラマを聴くことになったのかは、少し長めの説明が必要です。


毎日放送(MBS)ラジオで、このほど「ドラマ脚本コンクール」が行われ、その初回最優秀作に、吃音を持つj女性が主人公の物語「5拍子の福音」が選ばれました。
毎日放送の制作担当者は、作者も知らない吃音が描かれている作品の放映に当たり、伊藤伸二さんに連絡して来ました。作品中のせりふの幾つかに疑問があるので、吃音の当事者の意見を聞きたいというのです。
伊藤さんが台本をチェックして作者に脚本の一部を書き直してもらい、主人公役の声優さんにもアドバイスしました。
ラジオでの放送は、3月26日(日)に行われました。

※この作品についての詳しい説明を、伊藤伸二さんがブログに書いています。


4月7日(金)の開講式では、まず、「5拍子の福音」制作の舞台裏が紹介された毎日放送テレビの番組を観ました。主人公役の女優さんが真剣に演ずる様子や、製作スタッフのさまざまな工夫を知ることができる、吃音を持つ我々にも興味深い内容でした。
そのあと、丸一時間、ラジオドラマ「5拍子の福音」に耳を傾けました。吃音のせいで色々な苦労を抱える主人公は、終盤、自分の伝えたいことをどもりながらしっかり伝える力を身につけます。

※この開講式の詳しい報告を、伊藤伸二さんがブログに書いています。


なお、ラジオドラマ「5拍子の福音」は、4月23日(日)深夜の25:30(=4月24日01:30)から再放送され、そのあと一週間「radiko.jp」などで聴取可能です。
[PR]

by osp_blog | 2017-04-07 00:00 | 例会報告

例会報告「どもりカルタを作ろう」 

タイトル:どもりカルタを作ろう
担当者:溝口 稚佳子
参加者:25名(初参加者なし)

2017年の吃音教室は、第11回目の「どもりカルタを作ろう」でスタートしました。
当日の会場の様子を撮影した映像を紹介します。

Youtube「2017/01/13 どもりカルタ」

More
[PR]

by osp_blog | 2017-01-13 00:00 | 例会報告

例会報告「吃音体験を綴る」 

タイトル:吃音体験を綴る
担当者:西田 逸夫
参加者:15名(初参加者なし)

台風の大雨で運休している交通機関もあり、いつもより参加者が少ない。シンとした会場に、各自が原稿用紙に書き綴る音が、かすかに聞こえている。
通常の例会では、吃音を巡ってさまざまな話し合いが行われ、時には大きな笑い声が響く。そんな大阪吃音教室の会場に、年に一度、静かな時間が流れる。「吃音体験を綴る」例会の日だ。

この例会は、「文章教室」とも呼ばれる。約十年前まで、ある新聞の文芸欄の記者だった方が講師を務め、文章指導の時間を兼ねていた名残だ。
最近は導入部をできるだけ短くして、参加者が文字通り「吃音体験を綴る」時間を長く取るよう、担当は心掛けている。
そんな短めの導入部に、参加者から2つの点を話してもらった。発言を採録する。

〇大阪吃音教室で「吃音体験を綴る」例会を行う意味
・同じ吃音体験でも、人さまざまであることを知る機会になる
・自分の体験を人に伝えることができる
・人の体験に接して勇気づけられる
・読んで共感できる
・自分の経験を客観的に見ることができる
・書き続けることで、自分の成長を実感できる

〇ふだん文章を書くときに心掛けていること
・具体的に書く
・抽象的なことも少し入れ込んで書く
・真実に近づくように考えながら書く
・正直に書く
・素直に書く
・簡潔に書く
・センテンスを短くする
・分かりやすいことばを選びながら書く
・文章だけで語り切るように、余分な説明なしに伝わるように書く
・書いた後に読み直して丁寧な表現を心掛ける
・自分の気持ちを書く

この例会では毎回最後に、書いた体験談を朗読する。この日は、参加者が比較的少なかった関係で、各自に例年より長めに書いてもらうことができた。
毎年のことだが、今年も続きを読みたくなるような、味わい深い作品が多かった。ベテラン参加者ふたりがそれぞれ、大阪吃音教室で話してこなかった体験を披露するという驚きもあった。

More
[PR]

by osp_blog | 2015-07-17 00:00 | 例会報告

第1回「吃音を語る会」(日曜例会) 

第1回「吃音を語る会」(日曜例会)
2014年 6月 29日(日)
担当:鈴木 永弘
参加者:22名(うち初参加者2名)

6月の最後の日曜日、いつも大阪吃音教室の例会を開いている應典院で、第1回「吃音を語る会」(日曜例会)を開催した。
当日は、初参加のおふたり含めて平日でない日曜だからこそという方たちが来られ、ほぼ普段の例会なみの参加人数だった。

前半は、この日初参加のおふたりが吃音を治したいと思って参加され、内おひとりがどんなトレーニング法があるのか知りたいとのことだったので、まずは参加者がこれまでに経験した「吃音を治す努力とその結果」について話してもらった。実際に、一人ひとりが話し始めると、今は懐かしい思い出として若い頃のエピソードを次々に想起する人が続出。一巡する頃には、3時間近くが経過していた。この日ほどたっぷりと、多くの参加者に話してもらうような時間の使い方は、いつもの例会ではとてもできない。
この日の話に出た吃音軽減法を紹介すると、体験発表したのは20人近いのに、ほとんど決まったパターンである。結果はいずれも、まったく効果がないか、あったとしてもごく小さな、ほんの一時的な改善だった。
・発声練習(ゆっくり話す、語頭を伸ばす、など)
・電話練習(上記を電話を通してマンツーマンで練習)
・精神科や心療内科(精神安定剤など)
・自律訓練法

後半は、「吃音の理解」について話し合った。話されたことの一つを紹介する。
赤坂:最初にどもりをカミングアウトしたときは、上司に深刻な言い方で打ち明けた。「そんなことまで言ってくれるのか」と受け止めた上司は、それ以来、自分が職場で困っていないか、とても気を配ってくれた。
最近は、保険の営業の仕事でどもると、「私どもりですねん」と、まるで「左利き」とかと同じような感じで軽く言えている。「どもらしてくださいね」と言ってからだと、営業トークをちゃんと聞いてもらえる。

More
[PR]

by osp_blog | 2014-06-29 00:00 | 例会報告

吃音基礎知識 

タイトル:吃音基礎知識
担当者:伊藤 伸二
参加者:22名(うち初参加者5名)

この日は、大阪吃音教室に取材のカメラが入いりました。川村さんという名の、自らも苦労した吃音のことを啓発するテレビ番組を制作している若い男性が、東京から大阪吃音教室を取材するために来阪されたのです。
この日の例会は、伊藤が川村さんを紹介し、取材の説明をするところから始まりました。
c0191808_3134214.jpg

この日の取材のために伊藤が用意したのは、「人が生きることの基本設定としての吃音」というテーマです。
歴史上、はるか昔から存在が知られている吃音は、人がともに生きるものとして基本設定されている、それを治そう、否定しようとするところに無理が生まれ、苦悩が生まれる、というのが伊藤の発想で、最近、機会があるたびに文章に書き、人に話していることです。

この日は、伊藤自身をはじめ、大阪吃音教室の常連メンバーが、さまざまな角度から自分たちの体験を振り返り、「基本設定を崩そうとして、どんな無理がはね返って来たか」「自分のどもりを認め、現状を肯定的に見直してどれだけ楽になったか」を語り合いました。


この日話題になったさまざまなエピソードのうち、ここでは、昨年6月の吃音者世界大会(オランダ大会)の会場で、伊藤と長時間話し合った、イギリスの作家デイヴィッド・ミッチェルさん[※]の体験談を紹介します。

若い頃のミッチェルさんは、自らのうちにあるどもりと戦い続けました。
自分がどもりを憎み、戦えば戦うほど、どもりも自分を憎み返し、攻撃して来て内戦状態になりました。
このままでは自分が壊れていくと感じ、戦いに絶望したミッチェルさんはあるとき、自分自身の一部であるどもりと戦うことをやめ、折り合おうと決心します。
「どもりさん、君は居ていいよ」と。
すると、「どもりさん」の方も、「お前も居ていいよ」と、語り掛けて来たそうです。


伊藤によると、ミッチェルさんはそのときのことを、こんな風にも話したそうです。
自分のDNAに組み込まれているどもりと戦うのを、もうやめようと思った
ミッチェルさんが使ったDNAということばは、伊藤の言う「基本設定」と似た意味ではないでしょうか。

※デイヴィッド・ミッチェル(David Mitchel):イギリス出身、アイルランド在住の小説家。日本の広島で英語講師として8年過ごした経験を持ち、日本語を話すことができます。奥さんは日本人です。2012年に世界中で大ヒットした映画『クラウドアトラス』の原作"Cloud Atlas"(2004年出版)は、ミリオンセラーになりました。2006年に出版した、吃音を持つ少年を主人公とする自伝的小説"Black Swan Green"は、イギリスの言語療法の教育課程の教材として広く使われています。

※※ここで紹介したデイヴィッド・ミッチェルさんの吃音を巡る体験談は、オランダ大会でミッチェルさん自身が伊藤に語った内容が元になっています。
同じ内容を別の角度からまとめたものが、ご本人の寄稿の日本語訳として、日本吃音臨床研究会機関紙『スタタリングナウ』2013年10月号に掲載されています。
問合せ先:日本吃音臨床研究会


More
[PR]

by osp_blog | 2014-04-18 00:00 | 例会報告

開講式 

2014.04.11(金)
タイトル:開講式
参加者:22人(初参加者なし)

4月11日、2014年度の大阪吃音教室を開講しました。開講式には珍しく、初参加の方がおられませんでした。
そこで、以前から伊藤伸二が深い関心を寄せ、「吃音とともにどう生きるか」を考える大きなヒントとなる仏教思想について、じっくり話し合う機会にしました。
c0191808_327091.jpg
まず、今春から行信教校(ぎょうしんきょうこう=浄土真宗本願寺派の僧侶、教師を育成する専門学校)に通い始めた村田朝雅が、仏教思想、中でも法然、親鸞の「他力本願」の思想を概説しました。
それを受けて伊藤が、法然の「難行」(なんぎょう)と「易行」(いぎょう)についての考え方を解説し、どもりの課題とのつながりについて、伊藤が日頃考えていることを語りました。

「どもりを治す」というのは、吃音専門の臨床家も難しいと表明し、長期間単調な訓練を続けても達成できるかどうか分からない「難行」です。
それに比べて、自分がどもることを「しかたない」と認め、「どもりのままで日常を生きる」ことは、どもる人が誰でもその気になりさえすればできる「易行」です。
c0191808_325558.jpg
もともと、仏教徒には「難行」がつきものでした。
長期間、つらい修行を続けるのが当たり前と考えられていました。
法然は、それではごく一部の仏教徒しか救われないので、信心を持つ人なら誰でも救われる方法を考えに考え、「ただただ念仏を唱える」という「易行」に思い至ったのでした。

今、「どもりは治さないといけない」という固定観念を持つ人が多いのは、仏教思想の流れに置き換えると、「難行苦行を積んだものだけが救われる」とほとんどの仏教徒が考えていいた頃に対応するのではないでしょうか。
どもる人の多くが「易行」に勤しみ、日常生活を楽に豊かに生きる日々が少しでも早く来るよう、2014年度も大阪吃音教室の活動を活発にし、広めて行きたいと再認識した、そんな開講式でした。
[PR]

by osp_blog | 2014-04-11 00:00 | 例会報告

論理療法 

2014.02.21(金)
タイトル:論理療法
担当:坂本 英樹
参加者:22人(うち初参加者3組4人)

前半は、「論理療法」について概略の説明を行いました。
この回は初参加の方が多かったので、大阪吃音教室では何をやっていて、その中で「論理療法」が吃音の課題軽減にどう役立つのかに重点を置いて説明しました。

後半は、初参加の方の抱えている課題を、論理療法を使って、参加者全員で話し合い、考えました。

【初参加者感想から】
〇ここが、皆さんが多くの時間を掛けて作って来られた場であると分かりました。

More
[PR]

by osp_blog | 2014-02-21 00:00 | 例会報告

どもりカルタを作ろう 

2014.01.10(金)
タイトル:どもりカルタを作ろう
担当:溝口 稚佳子
参加者:22人(初参加者なし)

新春最初の例会は、2007年から「どもりカルタ」を作って楽しむ時間になっている。

・グループに分かれ、カルタ「読み札」を考える
・全部の「読み札」が揃ったら、「絵札」を描く
・ホワイトボードに書きならべた「読み札」を、全員で味わう
・グループ対抗で、カルタ取り大会
・感想の時間

【人気得票読み札】
途中の「読み札を味わう」時間は、参加者の人気得票で締めくくった。
高得点を獲得した読み札を3作、紹介する。
・に にわか雨 いつか止むんだ どもり晴れ
・わ わがままな どもりの機嫌を 今日もとり
・は 初詣 治りませんようにと 今祈る

【参加者感想から】
〇何年もやって来て、毎年やる前には「カルタのネタが出尽くしたのでは」とか「マンネリでは」とかいう意見が出るが、実際にやると新しい「読み札」がどんどんできて来る。この2、3年、むしろ上達ぶりが加速しているのでは。
〇何人もで共作した読む札に、良いものが多い。グループ内で話し合う時間が、いい時間だ。
〇一人で悩んでいるときには絶対に思えなかったようなことを、一年のはじめに、みんなで笑いあいながら味わえるというのは素晴らしい。
〇今年は、新しいことばが幾つも出て来た。こういうことばを大事にして行きたい。
〇読み札の中にお気に入りのことばを見つけて、それを書いておくと、しんどくなったときに読み返す「元気グッズ」になる。

More
[PR]

by osp_blog | 2014-01-10 00:00 | 例会報告

マイケルさん訪問 

2013.12.06(金)
タイトル:マイケルさん訪問(予定を急遽変更)
担当:伊藤 伸二、進士 和恵
参加者:25人(うち初参加者1人)

今回、突然の来客をアメリカから迎え、「アドラー心理学」の予定を変更した。
この日訪れたマイケル(Michael Turner)さん夫妻は、吃音をテーマとする映画を自主制作していて、吃音者世界大会などを通じて伊藤伸二の吃音に対する考えを知り、ぜひ取材したいと申し入れて来られたのだ。
マイケルさんは「NSA(アメリカ吃音者連盟)ポートランド支部」というセルフヘルプグループに所属していて、この日はそのグループのことをはじめ、アメリカの吃音事情について、いろいろと話して下さった。

左から、Michael Turner さん、通訳して下さった進士和恵さん、伊藤伸二
c0191808_1613590.jpg



1時間ほど、別の場所で、映画のために伊藤伸二へのインタビュー映像を撮影した後、マイケルさんは吃音教室で我々と話して行かれた。
最初に、伊藤へのインタビューの感想として、アメリカでも「吃音に治療法はない」という意見の人は多いが、伊藤ほど徹底して吃音治療を否定する過激な考え方の人はいないと発言された。

マイケルさんの話では、アメリカではすべての小中学校にST(スピーチセラピスト 日本の「言語聴覚士」に当たるが、もっと専門的な訓練を受けた治療者)が常駐し、吃音児には症状改善の訓練を行っている。
そして、マイケルさん自身をはじめ、彼の周囲の何人もが、「もうあんな訓練はこりごりだ」と思っている。
(どんな治療法なのか少し聞いて、昔ながらの非常にクラシックな訓練法だと分かった。ばかばかしいので詳述は避けるが、要するに日本でも多くの専門家が行っているような、単に吃音症状に働きかける発声訓練だ。)

マイケルさんと同じセルフヘルプグループに属する人にも、今でもSTの訓練を受け続けている人は多い。
しかし、彼らにしても、症状はそれでは改善しないと分かりつつ、そうした治療を受けている。
多分、吃音について、症状にアプローチする以外の道があることを、知らないのだろう。

マイケルさんの今のテーマは、「いろいろとできないことを、吃音のせいにしない」だそうだ。
最初に書いたようにこの日の例会は「アドラー心理学」の予定を変更して実施した。
その「アドラー心理学」の根幹をなす考え方の一つは、「できないことを、自分の劣等性のせいにしない」(劣等コンプレックスの克服)であり、ここで「アドラー心理学」を学んでいる眼目もそこにある。
マイケルさんを迎えて話し合うことで、期せずして、「アドラー心理学」の重要な根幹に触れることができた日だった。

後で分かったことだが、このおふたりは日本が大好きで、新婚旅行の訪問先として日本を選びあちこち旅をされている途中だった。
吃音がテーマの映画を撮影しているということなので、ここ以外の日本のセルフヘルプグループも取材するのかと思ったら、日本では大阪吃音教室だけを選んで来られたそうだ。
本人自身、格好いい風貌の人なのだが、本職が農業で、今回は農閑期を利用して、農場の共同経営者に任せて長期休暇を楽しんでいるそうで、それが格好よかった。

伊藤の話に真剣に耳を傾ける Michael さん
c0191808_16112656.jpg



※参考URL
・Michael Turner 制作映画"The Way We Talk"(仮訳「私たちの話し方」)公式 Facebook
(制作中のこの映画の、予告編を観ることもできます。)

https://www.facebook.com/thewaywetalkmovie
[PR]

by osp_blog | 2013-12-06 00:00 | 例会報告